このページの本文へ移動

<トライフープ岡山の選手が図書館にやってくる!>開催

公開開始日:2020年12月18日

<トライフープ岡山 読み聞かせ>

12月13日(日)14時から、岡山市立中央図書館の2階視聴覚ホールで、

トライフープ岡山の延原慎選手による、絵本の読み聞かせがありました。

バスケットボールのプロリーグで活躍されている選手が図書館に来てくれたのは、

初めてのことです。

新型コロナウイルス感染症の対策をしっかりと行い、事前に申し込みのあった

16名の親子が参加してくれました。

まず、図書館職員が大型絵本『どうぶつしんちょうそくてい』を読み、

延原選手の身長あてクイズをしました。

延原選手の「191センチです」という答えに、子どもたちはびっくりしていました。

スタッフ読み聞かせ

そして延原選手には、大型絵本『わゴムはどのくらいのびるかしら?』の読み

聞かせをしてもらいました。延原選手の読み聞かせはとても上手で、子どもたちは

絵本の世界に引き込まれているようでした。

延原選手のトークタイムの後、子どもたちはエアーハイタッチをしました。

記念撮影やサインを書いてもらっている、お友だちもいましたよ。

選手読み聞かせ

エアーハイタッチ

今回のイベントは、トライフープの試合に行って試合を観てみたい、と思うような

素敵なイベントでした。そしてバスケットをやっている子どもたちは、延原選手から

あたたかいアドバイスやメッセージを受け取って、心に残る貴重な体験ができたので

はないかと思います。

図書館では子ども対象のいろいろな行事がありますので、市立図書館のHPなどを

チェックしてみてくださいね。