このページの本文へ移動

2020年8月20日 広場ではこんなことがありました

公開開始日:2020年08月19日

 ~広場では、こんなことがありました~ 

 これまで二回にわたり、スタッフあれこれをご紹介しましたが、

 今回は、27年目を迎えた、鹿田子育て広場の活動を、

 ざっと振り返ってみようと思います。

 

 広場が、おぎゃーと誕生したのは(笑)

 1993年(平成5年)12月のこと。

 今はなき、鹿田幼稚園の南棟一室にて、活動が始まりました。

 初代スタッフは19人。

 参加者は、3歳児+弟妹の二人連れ親子が多かったようですが……

 スタッフの意識・目的は「親のための場作り」kirarikirariと、

 当初から一貫していました。

 開設1年目

 けれど、周辺の環境は、ずいぶん違っていましたよ。

 鹿田小学校の西側には、まだ田や畑がのどか~に広がっていて、

 さくら公園まで、あぜ道を通って、安全に “さんぽ” に

 行くことができました。

 まだのどかでした~

 それから数年後、会場は、鹿田幼稚園の北側棟へお引越し。

 継続して、余裕教室をお借りできることになり、

 今はなき園舎

 かなり大胆な企画もできるようになりました。

 開設から5年後のひとコマです。   

         ボディペインティング 1998年(平成10年度)

 思いっきり企画

 道具の保管はもとより、会議や準備がいつでも可能でしたから、

 壁の飾りつけにも、

 思いっきり壁装飾 思いっきり壁班

 お楽しみ会にも、ついつい力が入りました~!!  

          マツケンサンバもどき 2003年(平成15年度)

 思いっきりお楽しみ会

 そして開設から11年目。

 2004年(平成16年度)より “月曜子育て” も開始、

 月曜と水曜の週2回の活動で、参加者に喜ばれました。

 ずっと人気の季節行事

               ひな祭り 2009年(平成21年度)

 

 こうして順調に活動を続けていた広場でしたが、

 園舎の耐震工事により、北側棟の取り壊しが決定!

 しばらく、幼稚園での活動ができなくなる事態となりました。

 そこで、地域の方の協力を仰ぎました。

 2011年(平成23年度)の2学期から、

 新屋敷公園の児童会館に拠点を移動。

 気持ちのよい公園で、活動を継続し、

 地域の力をお借りして

 翌年、2012年(平成24年度)リニューアルした遊戯室に戻って、

 無事、鹿田幼稚園での活動を再スタートさせました。

 

 リニューアル遊戯室では、広さを生かした企画が、

 た~くさん登場しました。

 場所も活動もリニューアル

 ところが、その後、鹿田幼稚園がこども園に移行することが決定。

 園舎建て替え工事にともない、

 またまた、会場が無くなるというピンチに陥りました。

 

 そこで、広場は……

 長年なじんだ鹿田幼稚園を飛び出し、

 さらには鹿田学区も飛び出し、

 2018年(平成30年)2学期より、拠点を大元幼稚園に移し、

 新しい学区に

 時に鹿田小学校ランチルーム

 新しい会場

 時に大元公民館、時に新屋敷公園と、会場を分散。

 地域も会場も広げて、活動を続けることにしました。

 

 道具の運搬や移動など、苦労もありましたが、

 さまざまな地域の参加者さんと出会う機会が増えたと、

 前向きにとらえて、進みました。

 

 そして今年度、私たちは新型コロナウィルス感染拡大という

 思いもしない災禍に見舞われています。

 でも、こうして、数々のハードルを乗り越えてきた広場ですから、

 また、「親のための場作り」の智恵をしぼって、

 なんとか活動を続けていくつもりです。

 今後とも、よろしくお願いしますね! 

 活動の振り返り回でした、お付き合いありがとうございました!

                 (本日の担当 H )