このページの本文へ移動

#145 専業主婦の終業時間

公開開始日:2020年04月03日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市北区 M.Kさん

専業主婦の休憩時間・終業時間

母と子どもイラスト主人と6歳(年長)・3歳(未就園児)の4人家族です。主人は毎日仕事で遅く子どもが寝る時間までに帰って来れないので、平日の家事育児は全て一人でやります。
子どもがとても人見知りなこともあり、祖父母などに預けるのも嫌がりますし、常に子どもと一緒に過ごす日々で、一人の時間がありませんでした。

主婦には休みがない、育児は24時間と言われますが一人で全部やって休みなしではさすがにストレスが溜まりますし、仕事でも休日もあれば昼休憩もあります。専業主婦にも休憩時間や終業時間があってもいいのではと思います。

そこで我が家は、主婦の私には休みがない代わりに平日は子どもの寝かしつけが終わったらその日の仕事は終わり!残業はなし!と決めました。

 

一人の時間の大切さ

子どもが寝た後に帰ってくる主人にも理解してもらい、お風呂の追い炊きもご飯の温め直しも自分でしてもらってます。洗濯物が畳めてなくても、少々部屋が散らかっていても目をつむってもらってます(笑)

おかげで子どもを寝かせた後は好きなドラマを見たり、趣味に時間を使ったり一人の時間を楽しんでいます。
ここで途中で主人が帰って来てお風呂を温め直して、お風呂から出る頃を見計らってご飯を温めて、出して…があるのとないのでは大違い。育児中の主婦にとって、誰にも何にも邪魔されずに何かに集中できることはそれだけでストレス発散になりました。

これから出産して新生児を育てる方や、まだ夜泣きや授乳がある小さい子を育てている方は、夜寝かせた後の自由時間はなかなか取れないと思いますが、それぞれの生活の中でどこかに1時間でも一人の時間を持てると少しでもストレスを溜めず育児ができるのではないかと思います。その為にも旦那様やまわりの方もぜひ協力してあげてほしいと思います。

 

M.Kさん(イニシャル)

岡山市北区在住 2児のママプロフィール画像