このページの本文へ移動

雪だるまを作ろう

公開開始日:2020年02月19日

立春を過ぎてから、又、冬に戻ったような寒い日が続いていました。

「雪だるま」が懐かしいような日々でしたから

本日19日の平福子育て広場の「雪だるま作り」はピッタリだったのです。

 

でもね。

今日の太陽はとても暖かく照らしています。

気持ちよくて・・・お友達もどこかへ出かけたのかな?

って思うくらいです。

 

 

今日作る「雪だるま」は、紙皿を利用します。

紙皿の底を少し残して丸く切ります。

そこに、折り紙で作った「手袋」と「靴下」を張り付けて

「三角帽」をかぶせて、お顔を描いて出来上がりです。

a

マスキングテープや星印にカットした金銀の折り紙を張って

華やかな「雪だるま」を作って楽しみました。

b

 

d

 

出来上がった、お友だちの作品を見てみましょうね。

嬉しいのか滑り台で遊ぶときも「雪だるま」を持っていました。

e

 

出来ががったら廊下の滑り台で遊んだりしていましたよ。

i

 

滑り台を利用して「ハンバーガー屋さん」を開いている

お友達もいました。

私は「ピザ」を買いました。♫

c

 

お友だちは1歳4か月ですが、滑り台が気に入ったようで

何回も何回もして笑顔いっぱいに喜んでいました。

f

 

最後は読み聞かせです。

絵本2冊に、紙芝居1本です。

絵本は、こぐま社の「ねずみさんのながいパン」で、多田ヒロシ(作)

ひさかたチャイルドの「こねこちゃん こねこちゃん」で、長野ヒデ子(作・絵)

紙芝居は童心社の「しましま」で、森山京(脚本)、松成真理子(絵)でした。

お友だちは、みんな 真剣に聞いていましたよ。

g

 

 

h

 

 

 

さぁ~

来週の2月26日が2019年度の最後の平福子育て広場です。

「おひなさま」と「お別れ会」をします。

4月から幼稚園に行くお友達は、最後の子育て広場だから来てくださいね。

お待ちしています。