このページの本文へ移動

赤ちゃんが生まれたら-さまざまな届け出- 

公開開始日:2011年03月01日

矢印  出生届   矢印  児童手当の申請  矢印  出産届出書  矢印  国民健康保険の加入手続き
矢印  出産育児一時金の申請   矢印  乳幼児医療費受給資格証交付申請
矢印  家庭ごみ有料指定袋の減免申請 
 

赤ちゃんが生まれたら、出生届をはじめ、いくつかの届け出が必要になります。慌ただしい時期ですが、忘れずに届けをして、さまざまなサービスを受けられるようにしておきましょう。

一度にいくつかの届け出を行う場合、区役所などの閉庁時間ギリギリになると、すべての届け出を終えることができない可能性もあります。時間に余裕を持って手続きをされることをおすすめします。

また、お父さんまたはお母さんの勤務先で加入している健康保険がある場合は、赤ちゃんの加入手続きも行っておきましょう。必要な書類などについては、勤務先にお問い合わせください。
 

出生届

赤ちゃんが生まれた日を含め14日以内に、お父さんかお母さんのどちらかが提出します。
(14日目が区役所の休日にあたる場合は翌開庁日まで)

提出するところはお父さん・お母さんの本籍地住民票のあるところ赤ちゃんの出生地のいずれかの市区町村の役所です。

岡山市で提出する場合には、各区役所市民保険年金課、各支所、各地域センター、古都・朝日市民サービスセンターのいずれの施設でも受け付けています。なお、出生届を提出すると同時に、住民登録も行われます。
 

届け出に必要なもの
  • 出生証明書(病院でもらえます)
  • 親子手帳
  • 印鑑

     

同時期に行っておきたい届け出

出生届と同日に施設内で手続きが行える届け出には「同日手続きOK!」のマークが入っています(ただし、開庁時間内に限ります)
 

児童手当の申請同日手続きOKアイコン 

「児童手当」は、中学校修了前までのお子さんを育てている方に支給されます。各区役所市民保険年金課、各支所、各地域センターのいずれの施設でも受け付けています。出生日の翌日から数えて15日以内に申請してください

出生届を提出した後、開庁時間内であれば、上記の施設でそのまま申請手続きを行うと一度に済むので便利です。 詳しくは「児童手当について」をご覧ください。
 

出産届出書

親子手帳別冊・受診票のつづりに「出産届出書」がついています。赤ちゃんの名前など、必要な項目を記入して、返信用の封筒に入れてポストへ投函してください。赤ちゃんの育児について不安があり、保健師・助産師の家庭訪問を希望される方は「出産届出書」の「訪問を希望する」にマルをつけてください。
 

国民健康保険の加入手続き同日手続きOKアイコン

国民健康保険に加入する場合は、各区役所の市民保険年金課や各支所、各地域センター、古都・朝日市民サービスセンターのいずれかの施設で手続きを行ってください。

お父さんやお母さんの勤務先で健康保険に加入している場合は、赤ちゃんの加入手続きを行いましょう。必要な書類は勤務先でお問い合わせください。
 

出産育児一時金の申請

出産後には、出産育児一時金などが支給されます。詳しくは「出産育児一時金」をご覧ください。

 

乳幼児医療費受給資格証交付申請同日手続きOKアイコン  

 ※同日に手続きできるのは国民健康保険加入の方のみです

赤ちゃんの健康保険証がお手元に届いたら、乳幼児医療費受給資格証の交付申請をしましょう。これは、健康保険に加入している小学校就学前のお子さんが病院で受診した場合、医療費(保険診療分)の自己負担額(2割)が助成されるというものです。詳しくは「子ども医療費助成制度について」をご覧ください。

国民健康保険に加入されている方は、開庁時間内であれば、福祉事務所を除く上記の施設に出生届を提出した後、そのまま申請手続きを行うことができます。
 

受付窓口

各福祉事務所、各区役所市民保険年金課、各支所、各地域センター
(ただし、古都・朝日市民サービスセンターでは手続きができません)

          

家庭ごみ有料指定袋の減免申請同日手続きOKアイコン

この申請を行うと、岡山市に住む赤ちゃん(を育てる家庭)に対して、満2歳になるまでの月数に応じて、20リットルの有料指定ごみ袋が提供されます。出生届と同時に手続きを行えば、最大枚数の300枚がもらえます。

2歳未満のお子さんをお持ちで岡山市に引っ越してきた方も、申請を行えばお子さんが満2歳になるまでの残りの月数に応じた枚数をもらえます。忘れずに手続きをしましょう。
 

申請受付窓口

各区役所総務・地域振興課、各支所、各地域センター、各市民サービスセンター

閉庁時間に出生届を提出した場合など、すでに出生届を提出をしていて改めて申請を行う場合は、親子手帳と赤ちゃんの生年月日が確認できるもの(健康保険証など)、お住まいの住所が確認できるもの(免許証など)を、市役所環境事業課、各区役所総務・地域振興課、各支所、各地域センターへ提出してください。

 

外国人のパパ・ママへ~赤ちゃんの在留資格~

生まれた日から30日以内に入国管理局で手続きしてください。
(特別永住者は市区町村の窓口で手続きしてください。)
手続きに必要な「住民票」は、出生届を提出するときに請求しましょう。