このページの本文へ移動

抗菌薬のことを正しく知りましょう

公開開始日:2019年11月25日

「薬剤耐性」って知っていますか?

抗菌薬(抗生物質)が効かなくなることを「薬剤耐性」といいます。

耐性を持った細菌が増えると、薬の効き目が悪くなったりして治療が難しくなります。
薬剤耐性菌を増やさないためには、抗菌薬を正しく飲むことが大切です。
また、感染症にかからないように予防対策をすることも大切になります。

薬剤耐性菌を増やさないためには知っておいてほしいこと

抗菌薬は、風邪やインフルエンザなどのウイルスによる感染症には効きません。
細菌とウイルスは違う性質をもっていて、大きさや構造、増え方が異なります。
抗菌薬は細菌だけに有効なお薬です。

  • 抗菌薬は医師の指示通り最後まで飲み切りましょう。
  • 基本的な予防対策(手洗い・咳エチケット・ワクチン接種など)をしましょう。

抗菌薬 抗菌薬

知ろうまもろう抗菌薬~クスリが効かないバイ菌の話~(559KB)  (PDF文書) PDF文書

 

薬剤耐性についてもっと詳しく知りたい方へ

 

矢印薬剤耐性(AMR)対策について岡山市

矢印国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター別サイト

 

お問い合わせ先

岡山市保健所 保健課 

所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号
電話:086-803-1200