このページの本文へ移動

#138 子育てパパの変化

公開開始日:2019年09月11日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市中区 K.T

赤ちゃんが生まれて

結婚してから3年、待望の赤ちゃんが生まれることになりました。病院で定期検診を受ける度に順調に大きくなっていく様子を見るのが楽しくて仕方がありませんでした。しかし仕事の方も忙しく、妻のため、産まれてくる子どものために十分なことをすることができませんでした。「今の自分にできることをしよう」と思い、仕事帰りの買い物、食事の準備や片付けなどをしていました。当時はまだ、「これだけ自分もがんばってやってるんだから」と勝手に思っていました。

イラスト1そして父になりました。どう触っていいのか、どうミルクをあげたらいいのか全く分からず子育てのほとんどを妻に任せていたように思います。夜中にも2時間おきぐらいに目を覚まし、大きな声で泣きます。私は「明日も仕事早いし…」と思い、寝かしつけるのもほぼ妻に頼っていました。寝る部屋も別でした。「仕事が忙しい」のを理由に、自分のライフスタイルが変わることが不安だったのだと思います。

そんな状態で3か月ほどが経ちました。息子は日々成長し、行動範囲も広くなり、泣く声もさらに太くなり、大きな音を出すようになり、さらに手がかかるようになっていきました。妻の疲労が少しずつたまっていく様子も分かります。そうなると、夜中にミルクをあげたり、寝るまで抱きかかえたり、朝の出勤を遅らせたり早く帰ったり…。その時もまだ「そうせざるを得ない」、「仕方なくやる」という感覚でした。

意識の変化とライフスタイルの変化

イラスト2しかし、さらに3か月ほど経った頃、少しずつ自分の意識も変わってきました。仕事中心であったライフスタイルを少しずつ改善し、家庭のために以前はできなかったことが少しずつできるようになってきました。そして、仕事は今まで通り特に変わりなくできています。今までは「できなかった」のではなく、「しなかった」ということなのだと思います。自分の意識が変わることで、実際の行動やライフスタイルも自然と変化してきました。

これからも息子の成長のために、その時の自分に満足するのではなく、自分にできることを少しずつ増やしていかなければと思っています。来年には2人目も産まれてくる予定なので、子育てパパをさらにがんばっていきたいと思います!

K.T(イニシャル)

子育てパパの変化

 

岡山市中区在住。1児のパパ。
家族のために、これからも奮闘します。

 

 

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印