このページの本文へ移動

百日咳が流行していますのでご注意ください

公開開始日:2019年08月30日

百日咳が流行しています。

岡山市では、百日咳の報告数が7月ごろから増加しています。

風邪様の症状で始まり、次第に咳が激しくなります。咳が長引く場合には早めに医療機関を受診しましょう。
ま家族内や学校で感染することが多く、予防接種歴があっても、そのとき付いた免疫が下がって感染することが多いです。
ワクチン未接種の乳児などでは無呼吸発作など重篤化することも多く、注意が必要です。

治療には抗菌薬を服用しましょう。

 

特有の症状は?

風邪のような症状
(鼻水・くしゃみ・咳・微熱など)が、約2週間続いた後にけいれん性の咳発作

  • 短い連続的な咳
  • 息を吸う際のヒューという笛音
  • 咳込みによる嘔吐 など

 

乳児は要注意!

1歳未満の乳児(特に生後6ヵ月未満)では無呼吸発作などをおこし重症化することもあります。

 

治療には抗菌薬を服用

抗菌薬をなるべく早期に飲み始めることが有効です。

 

百日咳

 

お問い合わせ先

岡山市保健所 保健課 感染症対策係

所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号
電話:086-803-1262