このページの本文へ移動

新しいリレーコラムを公開しました!

公開開始日:2019年05月13日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市発達障害者支援センター ひか☆りんく 金谷久実

イラスト(子育ての悩み)子育ては、毎日とても大変です。

例えば、食事。苦手な食材をどうやって食べさせるといいかなと調理を工夫したり、興味が持てるようにかわいらしく盛り付けたり。一口ぱくっと食べてくれた時は、この上なく嬉しいものです。

しかし、せっかく頑張って作った食事を一口も食べてくれない、お皿をひっくり返す…なんてことがあると、「こんなに頑張ったのになんで??」と悲しくなったり、同じようなことが重なると子育てがしんどくなったりします。

こんな時、相談できる誰かはいますか?

子どもの多様な育ちを理解する

子どもは一人一人、違った育ちをします。1歳になったら必ず歩き始めるわけでもなければ、「ママ」と言い始めるわけでもありません。しかし育児書などでは、この子どもの「発達」について“目安”を記しているため、それどおりに大きくなるものだと勘違いしてしまいます。

子育てに大切なことは、子どもは一人一人違う成長をする、つまり多様な育ちがあると、お父さん、お母さんが理解しておくことです。

おうちの方のこの理解があると、子どもはありのまま、すくすくと育ちます。

子育ては、うまくいかないこともたくさんありますが、子どもの笑顔を見たとき、「楽しい」と感じるものです。子どもと保護者が一緒にいろんな経験をする中で、「楽しい」を共有してみてください。

困ったときは身近な専門家に相談を

イラスト(親子)

子育ての不安や、ストレスは身近な人に相談することで解消することもありますが、なかなか解決のできない悩みもあります。おうちの方だけではうまく理解できない「発達」のつまづきを感じたときは抱え込まず、身近な専門家(保健師さん・保育士さん)に相談をしましょう。

発達障害、ひか☆りんくの詳しい説明と相談の流れについては、岡山市発達障害者支援センター「ひか☆りんく」のページをご覧ください。

岡山市発達障害者支援センター ひか☆りんく

岡山市発達障害者支援センター ひか☆りんく 金谷久実

 

金谷 久実(統括主任保育士)

 

 

 

 

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印