このページの本文へ移動

トイレトレーニングの心得

公開開始日:2018年12月01日

誰もが通る「トイレトレーニング」。いずれオムツは外れると分かっていても、思ったようにいかないと焦ってしまうことがありますよね。今回は、親子でコミュニケーションをとりながら、それぞれの子どもに合った進め方をご紹介します♪ ぜひ参考にしてみてくださいね。 イラストトイレトレーニング

トイレトレーニングとは?

一般的には、子どもが2歳を過ぎると尿をしっかりと溜められるようになると言われています。寝起きなどにオムツが濡れていないことが増え、排尿感覚が2時間程度あくようになってきたら、トイレに誘ってみましょう。また、寒い季節は大人でもトイレが近くなります。トイレを嫌がるようなら無理をせず、暖かい季節になってからタイミングを見て始めるのもおすすめです。

トレーニングを始める前に、大人の大切な心構え

トイレを含めたいろいろな生活習慣は、情緒が安定することで少しずつ身についていきます。そのためには、子どもへの温かいまなざし、優しい声掛け、スキンシップが大切。そして、すぐにできるものではなく、毎日の繰り返しの中で、成功や失敗を重ねて徐々にできるようになります。大人が焦ってしまわないように気をつけましょう。

 

 

こまめなコミュニケーション

トレーニングを進めるなかで大切なのは、成功した時も失敗した時も子どもとしっかりコミュニケーションを取ること。「こんなときはどう声をかけたら良い?」をまとめました。それぞれの個性に合わせてゆっくり進めていきましょう。

 

イラスト母と子
どんな時もコミュニケーションが大切
  • オマルや便器で排尿できた時

「おしっこ出たね」と言葉を添えてしっかり褒めてあげましょう!一緒に喜び合うと子どもも嬉しい気持ちになるので、自分でも確認することができます。

  • トイレに行くのを嫌がる時

時間だからといって嫌がるところを無理矢理トイレに誘うのではなく、遊びが途切れた頃などを見計らって誘ってみましょう。早くオムツを取ろうと焦る必要はありません。

  • 尿が出ない時や漏らした時

尿が出ない時は「また、今度しようね」と声を掛け、漏らした時は着替えながら「気持ち良くなったね」と声をかけてあげましょう。濡れていない気持ち良さを感じさせることが大切です。成功した時には、しっかりと褒めましょう。

  • オマルや便器での排尿に抵抗を感じている時

子どもの気持ちが落ち着くまで待つのも大切。改めて誘ってみましょう!

 

保育士さんにも聞いてみよう

保育施設を利用している方は、預け先の保育士さんに園でのトイレの様子を聞いてみましょう。トイレに行く間隔やサイン、トレーニング方法などを共有して、トイレの成功体験を積みましょう。

 

 

保育士さんが気を付けていることを聞いてみました!

コメント

 

 

トイレにまつわる絵本

『トイレいけるかな』
作・絵:わらべきみか
出版社:ひさかたチャイルド

ぷくちゃんのすてきなぱんつ
作・絵:ひろかわさえこ
出版社:アリス館

まよなかのトイレ
作・絵:まるやまあやこ
出版社:福音館書店

トイレいけるかな

ぷくちゃんのすてきなぱんつ まよなかのトイレ

まずはこの一冊から。
小さいこどもでも楽しめる入門編

何回失敗しても大丈夫!
を気づかせてくれる一冊
一人で行くのが不安な時も、
ちょっと勇気がでるかも?

 

ぽっけコメント

 

参考文献 : 続発達がわかればパパもママも子どもが見える  乳幼児保育研究会

お問い合わせ
岡山っ子育成局 保育・幼児教育部 幼保運営課 
086-803-1227