このページの本文へ移動

今月のお知らせ・募集

公開開始日:2020年01月31日

今月のお知らせ

 

お知らせ

幼児教育・保育無償化について

生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性や、子育て世帯の経済的な負担軽減を図る少子化対策の観点などから、保育園、幼稚園、認定こども園等を利用する3歳児から5歳児クラスの子どもたち及び住民税非課税世帯の0歳児から2歳児クラスまでの子どもたちを対象に利用料の無償化を実施します。

関連リンク

幼児教育・保育無償化の対象となる子育て支援サービス(認可外保育施設など)の施設等利用費について、償還払いを行います。対象となる場合は、3カ月ごとに保護者による請求手続きが必要です。

 

岡山県子ども災害見舞金 平成30年7月豪雨分の申請期限を延長しています

当初10月31日だった期限を延長して申請を受け付けています。

  • お問い合わせ・申込先:県子ども家庭課
  • TEL:086-226-7874
  • 対象:平成30年7月豪雨により住居が全壊・大規模半壊・半壊・床上浸水した子ども(平成12年4月2日から被災日までに生まれた子ども)のいる世帯
  • 支給額:子ども1人当たり2万円
  • 申込:3月31日までに

 

なださきおもちゃの病院

壊れたおもちゃを無料で修理します(テレビゲームなどは除く。部品を交換した場合は実費が必要。1家族1点まで)。

  • お問い合わせ:市社会福祉協議会灘崎分室
  • TEL:086-362-4265
  • 日時:2月8日(土曜)午前9時30分から午前11時
  • 場所:ウェルポートなださき(南区片岡)

 

1歳6カ月児健康診査・3歳児健康診査

3月受診の対象者(1歳6カ月児健診:平成30年8月生、3歳児健診:平成28年8月生)に、2月末までに健診のお知らせが届くので、日時などを確認の上、保健センターなどで受診してください。

 

離乳食講習会
  • 対象:赤ちゃんを育てる保護者
  • 定員:先着30人
  • 持参物:親子手帳(母子健康手帳)、子育てのしおり
  • 申込:各保健センターへ
  • その他:託児あり(要申し込み)
月日 開催時間 場所 申込受付開始日
3月4日 午後1時30分から午後3時30分 南区南保健センター 2月4日

 

子どもの歯の相談

対象は1歳から就学前の幼児です。親子手帳(母子健康手帳)を持参。希望者にはフッ素塗布(1,000円)を行います。

月日 受付時間 場所
2月21日 午後1時30分から午後3時 中区保健センター

 

妊婦・パートナー歯科健康診査を受けましょう!

妊婦とそのパートナー(いずれも市内在住の人)は、妊娠期間中に1回、無料で歯科健康診査が受けられます。自分自身の口の中を健康に保ちつつ、生まれてくる子どもの歯と口腔の健康を守るための知識を身に付けるためにも、妊婦・パートナーともに、歯科健康診査を受けましょう。

受診票つづりの中の歯科健康診査受診票を持参して、指定歯科医療機関で受診してください。

  • お問い合わせ:保健所健康づくり課母子歯科保健係
  • TEL:086-803-1264

 

子どもの定期予防接種(無料)を行っています

予防接種手帳、親子手帳(母子健康手帳)を持参。
「岡山市保健所からのお知らせ」にある協力医療機関で接種してください。以下は定期予防接種の一部です。

●麻しん・風しん予防接種
対象者は以下のとおりで、それぞれ1回接種となっています。
◆Ⅰ期対象者 生後12か月から24か月未満の人
◆Ⅱ期対象者 平成25年4月2日から平成26年4月1日生まれの人

●日本脳炎予防接種
標準的にはⅠ期を3歳で2回・4歳で1回、Ⅱ期を9歳で1回(合計4回)受けることになっています。
また、以下の①または②に該当する人には特例措置があります。
①平成19年4月1日以前生まれの人で20歳未満の人
 Ⅰ期およびⅡ期の不足分(1~4回)を接種可能。
②平成19年4月2日から平成21年10月1日の間に生まれた人
 Ⅰ期の対象年齢(生後6か月から90か月未満)の間にⅠ期の接種が完了しなかった人は、Ⅱ期の対象年齢(9歳から13歳未満)の期間中にⅠ期の未接種分(1~3回)を接種可能。7歳6か月から9歳未満の間は接種不可。

  • お問い合わせ先:保健所保健課感染症対策係 086-803-1262

 

「個人情報・著作権について」を更新しました

「こそだてぽけっと」ご利用ににあたり、一部のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を利用されている方に向けた留意事項を追記いたしました。本ウェブサイトを利用された方は、「個人情報・著作権について」に記載されている内容について、承諾したものとさせていただきます。

矢印個人情報・著作権について

 

募集

ひとり親家庭支援フォーラム参加者

日本の子どもの7人に1人が相対的貧困な家庭で暮らし、ひとり親家庭の場合はおよそ半数が貧困状態にあるといわれています。ひとり親家庭の現状とその支援について考えます。

内容:
(1)講演「子どもの貧困とひとり親家庭支援の現実と行政・企業・社会ができること」(仮題)
(2)事例報告
(3)個別相談(就労、養育費、福祉資金貸付金など)コーナーほか
講師:赤石千衣子さん(シングルマザーズフォーラム代表)

  • お問い合わせ・申込先:こども福祉課
  • TEL:086-803-1221
  • メール:kodomofukushi@city.okayama.lg.jp
  • 日時:3月7日(土曜)午後1時30分から午後4時30分
  • 場所:市勤労者福祉センター(北区春日町)
  • 対象:ひとり親家庭の親、ひとり親家庭支援に関心のある人、企業、団体ほか
  • 定員:150人
  • 申込方法:TEL・メールで2月20日までに