このページの本文へ移動

わんぱくディー

公開開始日:2018年06月20日

恒例になりました。

幼稚園の行事「わんぱくディー」に、子育て広場のお友達も参加させてもらいます。

幼稚園と一緒なので、いつもより早い時間に始まりました。

でも・・・又 今日も雨です。。。

 

最初に参加証のカードと工作グッズを貰って会場図を頼りに参加します。

a

「なりきりコーナー」「つりぼり」「工作」「輪なげ」などなど

工夫のコーナーがいっぱいです。

 

どのコーナーも入る時に幼稚園のお兄さんお姉さんがスタンプを押してくれますよ。

スタンプを押してもらってから入ります。

b

 

 

なりきりコーナーは、三匹の子豚です。

狼も子豚もキャップになってかぶってなり切って藁の家やレンガの家に入ったり

最後には窯の中に入る狼もありますよ。

 c

 

 

赤ちゃんを連れてきて参加しても大丈夫です。

授乳室があります。

 

玄関前のホールでは、自由にお絵かきができる小さなお家があります。

小さな三角屋根の家の中に入って遊んでいるお友達もいます。

その傍には新聞プールがあってお友達は一緒に入り楽しんでいました。

k

 

「つりぼり」では、一人3匹釣れますよ。

みんな真剣に釣っていました。

e

 

隣の部屋では工作です。

紙コップとビニール袋とストローで作ります。

ストローで息を吹くと紙カップの中のビニール袋が大きく広がります。

お母さんに手伝ってもらいながら作っていました。

h

 

遊戯室の大ホールには「アスレチック」「輪投げ」

「うさちゃんのもぐもぐタイム」の3つがありました。

 

「アスレチック」は、

平均台を渡ったら、段ボール箱で作成した青虫の中を通ります。

抜け出てきたら輪っかの中を飛んで終わりです。

青虫がとても立派に作ってありましたよ。

f

 

「わなげ」は1人3本までです。

お手伝いは幼稚園児たちで、上手に役割をこなしていました。

j

 

「うさちゃんのもぐもぐタイム」は

描いてある「うさちゃん」の口の中に、食べ物を入れてあげるゲームです。

口の中に上手に入れれる子と、入れない子がいますが

どちらも楽しんで食べ物を口にめがけて投げ入れていました。

g

 

今回は初のイベントです。「宝さがし」と言って探し物です。

その中に幼稚園の先生が変装して会場内を素知らぬ顔で回ります。

見つけて名前を当てたらシールを貰います。

でも、変装がおかしくてお友達たちは大笑いして喜んでいました。

l

 

 

幼稚園のみんなと一緒に楽しんだら子育て広場の部屋に戻ってきて

読み聞かせに参加しました。

大日本絵画のしかけえほん「ギャロップ!!」で、ルーファス・バトラー・セダー(作)

ポプラ社の「ぱかっ」で、森 あさ子(作)

童心社の「ぶたちゃん りんごちゃん」で、まつい のりこ(作)

岩崎書店の「ぶーん ぶーん」で、とよた かずひこ(作)の 4冊でした。

m

 

来週はお琴の演奏会です。

沢山の方が参加してくれるといいですね。