このページの本文へ移動

#120 高齢初産・初子育ての楽しい毎日

公開開始日:2018年03月26日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市北区 R.T

41歳でママに☀

私は、41歳とかなりの高齢で、初めての妊娠・出産でした。
妊娠中、あまり胎動を感じることがなく、妊婦健診のエコーで赤ちゃんの様子を見る以外、ちゃんと育っているのか感じられず心配で、妊娠中は赤ちゃんのためにできることはしよう!と、自分の口にする食べ物・飲み物にはかなり気を使って過ごしました。
ありがたいことに、大きなトラブルもなく順調な妊娠経過をたどりました。

39週の健診で、お医者さんに「まったく生まれる気配がないね、生まれるのはまだまだ先」と言われ、安心して産院で行っているマタニティヨガへ参加。
その日の夜、チクッとお腹に痛みが。すぐに治まり、しばらくするとまた痛む。
あれ?これが陣痛なのかな???繰り返す痛み…とりあえず痛みの間隔を測る。
6時間経過した午前3時頃、痛みが5分間隔になっていたので病院へ電話しました。
病院でモニターをつけたら、陣痛に苦しむ私の周りで、助産師さん、看護師さん、お医者さんがバタバタし始め、急に不安に襲われました。どうやら、陣痛とともに赤ちゃんの心拍が落ちているようでした。
結局、陣痛の痛みに12時間耐えた後、午前9時、緊急帝王切開での出産になりました。
産後、お腹を切った手術の痛みもさることながら、想像以上に、助産師さんがしてくれるおっぱいマッサージがとにかく痛かった!“産んでからもめちゃくちゃ痛い!”が、出産を経験しての正直な感想でした(笑)
 

子育ては「大変」が『幸せ』

娘は上手におっぱいが飲めなかったので、授乳に加えて、搾乳して哺乳瓶で飲ませたり、足りないところはミルクで補うという乳児期を過ごしました。
授乳・搾乳・ミルク・哺乳瓶消毒・1日20回くらいのおむつ交換・・・生後1、2か月は無限ループのような状態でした。
イラスト自分に使う時間がほぼ皆無で大変だった乳児期も、思いかえせばあっという間。
でも、その時はとても長く感じたし、しんどいと思う瞬間もありました。
しかし、家族の協力、理解もあり、そして娘のことが大切で大好きでかわいくてたまらないから、睡眠も十分に取れないしんどい時期も乗り切れたと思います。

娘が生まれて2年と9か月が過ぎ、今では、おしゃべりしながらカフェで一緒に過ごせるようになりました。
何でもかんでもイヤイヤと言う今の時期も、あとから思いかえせば、きっとかわいい通過点。
娘の笑顔を見ていると、歳を重ねても両親そろって元気でいなきゃと励みにもなっています。
これからも、娘とともに日々を楽しみながら親になっていきたいと思います。
 

R.T(イニシャル)

R.Tさん

2歳の娘と日々奮闘している44歳ママ

 

 

 

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印