このページの本文へ移動

#113 次世代に子育て経験を伝えてみませんか?~manmaの「家族留学」~

公開開始日:2017年08月15日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

manma 広報 岡村紘子 

若者のためのご家庭版OB・OG訪問

皆さん、初めまして!「manma」です。
manmaは、2014年に東京の大学生が「いまの女子大生の手で安心して母になれる社会をつくる」をコンセプトに立ち上げた団体です。
若者が実際の子育て家庭の日常に同行し、子育て体験をする「家族留学」というサービスを提供しています。
 

家族留学が生まれた背景

現在の若者には「結婚・出産した後も仕事を続けていきたいと思っている」と家庭と仕事の両立への関心がある一方で、「自分の母親が専業主婦だったので両立や共働きのイメージが湧かない」と不安を感じていることが、女子大生を対象にしたアンケートから浮き彫りになりました。
 
そこで、『家庭』と『仕事』の両面から将来のプランを考えるきっかけとして「家族留学」は生まれました。
 

家族留学の1日って?

家族留学の様子

女子大生を中心とする若者が、子育て中の家庭を1日訪問させていただいています。
一緒に公園に行ったり、ごはんを食べたり、遊んだり…そんな、みなさんがお子さんと一緒に過ごされている日常に参加させていただいています。
 
子どもとの関わり方やママの生き方についてお話を伺い、さまざまな家族のあり方を知ることで、若者たちは自身が将来どうありたいかというライフキャリアプランに向き合う機会になっています。
 
~受け入れ家庭の声~
  • 子どもたちもとっても喜んでいました。
    子どもたちとたくさん触れ合って欲しいという気持ちがあったので、時間があっという間でした。
  • 普段改めて話すことの少ない話題について、学生さんを介すことで、夫とも和気あいあいと話すことができ、家族の理解や絆を深める貴重な機会になりました。

「家族留学」受け入れ家庭を募集中です!

この度、岡山大学・岡山市「女性が輝くまちづくり推進課」と協働して、岡山市で家族留学を展開していく取り組みが始まりました。
岡山大学では、10月より全国で初めて文学部の講義として「家族留学」が単位認定されます。
この産学官連携の取り組みに、多くの岡山大学の学生が参加できるよう、家族留学を受け入れしてくださる子育て家庭を募集しています。
manmaの取り組みや家族留学に共感いただけましたら、ぜひ【ご家庭向け】manma登録フォームよりご登録ください。
ご応募お待ちしております。
 
 

岡村紘子(おかむらひろこ)

manmaロゴ東京在住、7歳と1歳の息子たちの子育て中。
家族留学の受け入れ家庭としてmanmaと出会い、現在はママスタッフとして広報を担当しています。

manma公式ホームページもぜひご覧ください!

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印