このページの本文へ移動

#110 比べない子育て

公開開始日:2017年05月15日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市北区 H.M 

みなさん、こんにちは。
私は3歳の女の子のママです。
以前、出産時のエピソードを書かせてもらいましたが、あれから3年。
娘はすくすく元気に育っています。
 
3歳ともなると、いろんなことができるようになり、行動も活発になってきました。
毎日の全てが学びで、スポンジのようにいろんなことを吸収しているんだろうなぁと日々嬉しく過ごしています。
 

他人と比べて悩む日々

そんな成長を感じる反面、私がちょくちょく悩んでいたことは、「他の子と比べて、うちの子は◯◯だ」ということ。
 
保育園のお友達を見ては、
「あれ?他の子より、うちの子少し小さいかも…」
「あれ?他の子は静かに先生のお話が聞けているのに、うちの子全然聞いていないような…」
「あれ?他の子は元気よく踊っているのに、うちの子は消極的な感じ…」
など、他人と比べて、我が子がどうかという評価をしてしまっていました。
特に、同年代の子どもが集まる集団行動の場なので、より強く感じてしまったように思います。
 
他人と比べ出すと、子どもにとやかく言いたくなりました。
「どうして、◯◯するの?」
「△△ちゃんは、ちゃんとできていたよ!」
「◯◯しなくちゃ!」
なんて、言ってしまっていたような気がします。
 
さらに、自分の子育てが不安になり、もっと幼い頃にああしておけば…とか、私のこういう性格が子どもにも影響しているのかな…など、解決方法の無い不毛な自己嫌悪にも陥っていました。
 

忘れてしまっていた当たり前で大切なこと

イラストこのことを実家の母に相談した時、
「そりゃ、人それぞれ性格も成長もバラバラなんだから、人と違って当たり前よ。
逆に、あなただって子どもの頃は落ち着きがなくて私は心配だったのよ。
そんな小さいことを誰かと比べて評価しなくても◯◯(娘)は元気にいい子に育っているよ。」
と言われ、ハッとして同時にホッとしました。
 
子育ては、親の思うとおりになんてもちろんいかないし、こうするのが正解というものがないですもんね。
そんな当たり前のことも、我が子のこととなると忘れてしまっていました。
 
自分だって他人と比べて評価をされたらいい気がしないのに、我が子にはそんな思いをさせてしまっていたことを悔み、それからは「比べる」という行為を一切やめることにしました。
すると、なんと私自身がとても楽になりました!
 
他人と比較しないから、我が子のやることや考え方も一つの個性として愛着を感じるようになりましたし、子どもも私の顔色を気にせず、自由で楽しそうです。
 
当たり前のことかもしれませんが、我が子を一人の人間として尊重しつつ、広く深い懐で愛してあげたいなと思っています。
 
 
 

H.M(イニシャル)

H.Mさん

岡山市北区在住 3歳の女の子のママ 

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印