このページの本文へ移動

1歳未満の乳児にハチミツを与えないで!(乳児ボツリヌス症による死亡事案)

公開開始日:2017年04月13日

1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください!!

東京都において、乳児に対し離乳食としてジュースに蜂蜜を混ぜて与えたことによる乳児ボツリヌス症による死亡事案が発生したことから、注意喚起・情報提供いたします。

 

乳児ボツリヌス症とは

乳児ボツリヌス症は、1歳未満の乳児にみられるボツリヌス症のことです。
原因食品と共に体内に摂取されたボツリヌス菌の芽胞(植物に例えると種子の様な耐久型の菌の状態)は、乳児の腸管内で毒素を産生し、ボツリヌス症をひき起こします。
乳児の腸内細菌叢が成人と異なるために起こる疾病です。
乳児ボツリヌス症での死亡は稀(まれ)です。

症状

便秘、筋力の低下、哺乳力の低下、泣き声が小さくなるなど。

原因食品

乳児ボツリヌス症の主な原因食品は、はちみつ
原因不明の事例も多い。はちみつ以外、原因食品が確認された事例はほとんどない。

予防方法

1歳未満の乳児には、ボツリヌス菌の芽胞に汚染される可能性のある食品(はちみつ等)を食べさせないこと。

ボツリヌス菌とは

ボツリヌス食中毒等のボツリヌス症の原因菌。
ボツリヌス菌は土壌や海、川などの泥砂中に分布。酸素の少ない環境を好む菌で、芽胞を作る。ボツリヌス菌の芽胞は熱に強く、低酸素状態に置かれると発芽・増殖し、ボツリヌス毒素を産生する。

 

はちみつ自体はリスクの高い食品ではありません。
1歳未満の乳児にはちみつを与えてはいけませんが、1歳以上の方がはちみつを摂取しても、本症の発生はありません。

 

 

関連情報