このページの本文へ移動

5歳から6歳の子どもはこんな時期

公開開始日:2011年03月01日

5歳から6歳の子どもはこんな時期

生活習慣

早起きの習慣をつけて朝食をきちんと食べさせましょう。それからひとりで服の着替えをさせましょう。時間がかかっても挑戦させて、うまくいかなくても励まして成功に導くことが大切です。

また、トイレの始末が自分で出来るようになるころ。不十分な場合は手伝いながら、少しずつ練習しましょう。家庭内ではお手伝いなど、子どもに役割を与えてあげましょう。

 

遊び

自分で話を作ったりして、想像遊び・空想遊びをよくするようになります。また、約束やルールを理解しだし守れるようになってきます。「僕のだけど、貸してあげる」―こんな自制心が育つように、上手に導いてあげたいですね。
 

言葉

発音がはっきりしてくるころですが、サ行とタ行が混乱したり、言葉がつかえることがあります。このようなときは言い直させるのではなくちゃんと聞いてあげて、大人は正確な発音で話してあげてください。
 

歯について

永久歯が生え始めます。一生使う大切な歯なので「歯を大切にする」という意識を養いましょう。奥に生える6歳きゅう歯は、生えたことに気づきにくく、歯ブラシが届きにくいのでムシ歯になりやすい歯です。歯ブラシを横からも入れて磨けるように、一緒に磨き方の練習をしましょう。

また、6歳きゅう歯にはシーラントをしてもらう、永久歯が生える前からフッ素うがいを始める、などはムシ歯予防に大変効果的です。歯科医院で相談してみましょう。

 

シーラントとは

奥歯の溝を物理的に封鎖したり、シーラント材の中に含まれるフッ化物により再石灰化作用を促進するムシ歯予防法