このページの本文へ移動

#108 産前産後の支援に携わって

公開開始日:2017年03月15日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

シルバー世代産前産後応援事業 支援者 難波皓子 

私たちにできることをお母さんのために

最近は核家族が多く、地域の方とのふれあいやコミュニケーションが不足していると言われています。
特に産前産後のお母様方は、たくさんのストレスを抱えておられ、サポートを必要とされています。
転勤族の方は近くに頼れる方もいないため、赤ちゃんの夜泣きや授乳で悩んでおられます。
そんなお母様方が少しでも身体を休めていただけるように、また育児に慣れていただけるようにと支援に伺っています。
 
育児方法は昔と様変わりしていますが、基本は変わらないので、例えば私が赤ちゃんの沐浴をしているのを何度か見て、何日後かにご自身でできるようになり喜んでいただいた事があります。
私も生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこさせてもらうと、本当に癒やされます。
見つめているだけで自然に笑みがこぼれ、いつまで眺めていても飽きません。
赤ちゃんは本当に天使のようです。
 

普段の食事も食育でサポート

イラスト今でも母乳だけで育てている方も多く、それだけにお母様の食生活はとても大切です。
どうしても貧血気味になるので、鉄分の多いメニューやバランスの取れた食事の提供を心がけています。
お母様やお子さんが苦手な食材も工夫して好きな料理に混ぜて、目先を変えて使います。
食べてくれたら「全部食べたね!すごい!」と思い切りほめてあげます。
先日、人参嫌いのお子さんに人参の頭を切って、水を張ったお皿に入れて毎日観察してもらいました。
葉っぱが伸びたので、天ぷらにすると喜んで食べてくれました。
食の生命を知る良いきっかけになったと思います。
 

支援が私たちの喜びに

子育てはあまり神経質にならず、大らかな気持ちで臨んでいただきたいと思います。
ときどき、以前に伺ったお家のお子さんにお会いする事もありますが、成長の速さには驚きます。
短い時間ではありますが、支援させていただいたお子さんの成長を見られるのはこの上ない喜びです。
お子さん達が立派に成長してくださる事を心から願うとともに、今後も子育て支援に携わっていけたらと思っています。
 
 
 

難波皓子(なんばひろこ)

難波さん平成27年8月から「シルバー世代産前産後応援事業」に支援者登録し、お母様方に寄り添いサポートしています。 

 

 

 

ぽけっとあわせて「シルバー世代産前産後応援事業」のページもご覧ください。

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印