このページの本文へ移動

妊婦さんのお祝い行事

公開開始日:2017年02月01日

知りたい!妊婦さんのお祝い行事

妊娠おめでとうございます。
妊娠は新しい生を受けた赤ちゃん自身のお祝いであると同時に、親にとっても「パパ」「ママ」となるお祝いでもあります。
特にママにとってはこれから約10か月間を赤ちゃんとともに妊婦として過ごすことになりますね。
家族やまわりの友人などと一緒に、赤ちゃんが健やかに産まれてくることを願う妊婦さんのお祝い行事をご紹介します。
お祝い行事は地域や家庭によってやり方がさまざまですので、“我が家スタイル”の参考としてご覧ください。

  矢印帯祝い     矢印ベビーシャワー

帯祝い

妊娠5か月目の最初の戌(いぬ)の日

安定期に入った妊娠5か月目の頃に、初めて腹帯を締めて家庭でお祝いします。
犬は多産でお産が軽いので、そのことにあやかって「戌(いぬ)」の日に帯祝いをします。
帯祝いには、お祝いの意味と安産の願いの両方が込められていると言われています。
また、帯を巻くことで、おなかの保温や保護の効果や、胎児の位置を安定させるといった働きもあります。

両家の両親なども招き、子宝に恵まれている夫婦の妻に「帯親」として帯をつけてもらいます。
最近では、安産祈願をしてもらった腹帯を夫婦だけで締めるような形でお祝いする方も多いです。
また、昔は母方の祖父母や近親者が腹帯を送る風習がありましたが、今は夫婦で用意される方も多いです。

行事を経験したママの声

腹帯ママの声初産なので何かと不安でしたが、ご祈祷を受けると安心できました。

ママの声県外に住んでいますが、母親が代わりに祈祷を受けた腹帯を用意して送ってくれました。冬は腹帯をしていると暖かいので服巻代わりに毎日付けています。

 

 

-

お話を聞いたのは・・・倉敷不洗観音寺 竹川源五郎さん

日本人は外国の方ほど骨格がしっかりしておらず、また最近は身体が細い方も多いので、腹帯をすると腰まわりが支えられて身体が安定します。安定したお腹の中だと、きっと胎児も過ごしやすく感じるでしょう。
私たちは、安産とは「心穏やかに安心して産むこと」だと感じています。
最近は核家族化が増え、何か不安やことがあっても身近な人にすぐに聞けない状況の妊婦さんも多くなっていますね。そういう方にも、昔から伝わるお祝い行事やお祈りで少しでも安心して妊娠・出産を迎えてほしいと思います。

不洗観音寺(祈祷場・キッズルーム・わらべじぞう)

高野山真言宗 倉敷不洗観音寺
所在地:〒710-0013 倉敷市中帯江820
ホームページ:http://www.arawazu-kannonji.or.jp/
電話:086-425-2334(9時から16時30分)

_

 

 

 ベビーシャワー

妊娠8か月あたりの安定期のころ

お腹が大きくなってきた8か月頃に、親しい友人や家族とパーティ形式でお祝いする行事です。
アメリカ発祥のお祝い行事で、もともとは初めての出産を控える妊婦のために、大人の“女性”だけで開かれていましたが、最近は男性や子どもたちと一緒に行う形が増えています。
主役である妊婦に母親になるための心得を伝授したり、おむつケーキやベビーグッズをプレゼントしたり、みんなで妊娠をお祝いします。
育児に追われる慌しい時期が来る出産前に、出産・育児に関わる情報交換を行い、安心して出産・子育てに励むことができるようみんなでサポートをします。

行事を経験したママの声

ベビーシャワーママの声まわりの友人たちが企画してお祝いしてくれました。何かと不安がいっぱいだったけど、先輩ママたちからの話を聞いたり、ベビー服を譲ってもらったりして、子育てが楽しみになりました。

ママの声ママステさんの合同ベビーシャワーに参加しました。
かわいくておしゃれなパーティーに感激!
同じ妊婦のママ友もできて、嬉しかったです。

 

 

-

お話を聞いたのは・・・手作り表現ステージ ママステ 石川智美さん

ベビーシャワーは妊婦さんを真ん中にそこに関わるみんなが子育てをサポートできる環境が作られますよ。
現役ママや子育てに関わる人たちと妊婦さんが情報交換することで現実味のある情報が得られるのもメリット。
合同ベビーシャワーでは、同じ妊婦さん同士がつながることで子育てで悩みが多い時期の相談相手になり合えます。たくさんの妊婦さんがこれからの子育てが楽しく豊かなものになるお手伝いができたらと思っています。

ベビーシャワーの様子

手作り表現ステージ ママステ パーティー部
ホームページ:http://mamastage.net/pr/event/party
電話:090-9411-1899(石川)

_

 

 

これから出産・育児をがんばる妊婦さんのためにみんなでお祝いしよう!