このページの本文へ移動

#107 あなたの住まい、快適ですか?

公開開始日:2017年02月15日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市保健所 衛生課 吉田加奈子 

子どもたちが一日の大半を過ごす住まい。
気持ち良く、過ごしやすい環境にしておきたいですよね。
今日からできる手軽な環境づくりの方法をお伝えしますので、ご家庭で参考にしてみてくださいね。

換気をして空気をきれいに!

みなさんのお部屋の空気はきれいですか?
みなさんが毎日過ごしているお部屋には、空気を汚すもとがたくさんあります。
 
例えば、料理や暖房などで火を使うと、二酸化酸素や一酸化炭素が出ますし、呼吸をすると、二酸化炭素がでます。
おうちを建てる材料には、接着剤や塗料など、いろいろな化学物質が使われています。また、おうちの材料だけでなく、家の中にある家具やおもちゃなどにも、化学物質が使われているものがあります。これらの化学物質の中には、空気中に飛びやすい化学物質もあります。
 
最近のおうちは気密性が高く、空気の入れ替わりが少ないので、人の活動により出る物質や、建材や家具などから発生する化学物質により、お部屋の空気が汚れていきます。
 
そこで、汚れたお部屋の空気をきれいにするには、空気を入れ替える『換気』が効果的です!
<換気のポイント!>
  • 窓を開けて換気する場合イラスト
    ・窓は、空気の入口と出口の2か所を開ける。
    ・なるべく離れた窓を開ける。
  • 換気扇を使用する場合
    ・新鮮な空気が部屋に入るよう、排気する場所から離れた窓を開ける。
    ・24時間換気は止めない。
  • 換気をする時間
    ・朝起きたとき。
    夜は換気がされないため、空気がよごれやすいです。朝のすがすがしい空気を取り入れて、空気も気持ちもリフレッシュしましょう!
    ・日中は1時間に1回程度。
 

お部屋を快適環境に~温度と湿度~

お部屋で快適に過ごすには、温度と湿度の管理が大切です。
快適に感じる温度は、人それぞれですが、温度と湿度、両方がそろって初めて快適に感じます。同じ温度でも、湿度が低いか、高いかで感じ方は違います。
デパートやホテルなど大きなビルでは、相対湿度40%から70%で管理するように決められています。
湿度を保つ手軽な方法は、濡らしたタオルを軽くしぼり、部屋に干しておくことです。
 
より適切に湿度を保つためには、『加湿器』を使用することが有効です!
この時、湿度計でお部屋の状態を確認すると、管理しやすいですよ。
加湿器を使用する時、加湿器の管理はとても重要です。
加湿器の水タンク内は汚れやすく、また、長時間水を貯めたままにしがちですが、そのまま放置してしまうとぬめりが発生し、このぬめりの中でレジオネラ属菌が増殖してしまうこともあります!
<加湿器の管理ポイント!>
  • 水タンクの内面を定期的に洗浄し、清潔にしておく。
  • 使用する水は水道水を使用し、毎日こまめに交換する。
  • 長期間使用しないときは、水タンク内の水を捨て、洗浄しておく。
    ※特に、超音波式の加湿器は、超音波の振動によって水に含まれるミネラルや細菌類も全てまき散らすことになるため、注意が必要です。
 
冬場は乾燥していて、インフルエンザウイルスなど、乾燥に強いウイルスが蔓延しやすいです。また、空気の乾燥状態が続くと、のどの防御機能が低下し、ウイルスによる感染が起こりやすくなります。特に子どもは免疫力や抵抗力が弱いので注意が必要です。
湿度が40%を切らないように管理し、ウイルスによる感染を防ぎましょう。
 
また、室内を温かく、湿度を高くしすぎると結露が起きることがあります。結露でぬれた壁や床などを放置しておくと、カビが生えてしまいます。カビはさまざまな病気の原因になり、健康面で害をおよぼすこともあります。結露を起こさないためには、湿度が70%を超えないように管理し、こまめに換気すると良いですよ。もし、結露が起こった場合はこまめに拭き取るようにしましょうね。
 
 
いかがでしたか?どれも、今日から手軽に始められることばかりです。
ちょっと意識をしてみることで、お部屋がより快適なものになりますよ。
 
 
 

吉田加奈子(よしだかなこ)

吉田さん岡山市保健所 衛生課所属

 

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印