このページの本文へ移動

妊娠中に気をつけたいこと

公開開始日:2011年03月01日

妊娠中に気をつけたいこと

夫婦画像

初めて妊娠がわかったときの気持ちはどうだったでしょう。

よろこびやうれしさはもちろんですが、不安や心配、責任感などが一体になった複雑な感情を抱いた人もいるかと思います。妊娠・出産は今しか味わえない命の誕生という不思議ですばらしいできごと。

いろいろと考え込んだり気になったり落ち込んだりするときもあると思いますが、お母さんのイライラはおなかの赤ちゃんにも伝わります。 気持ちにゆとりを持って、できるだけ楽しく穏やかなマタニティライフを過ごしてくださいね。
 

妊娠中に気をつけたいこと 

  • ふだんから慣れている家事はそのまま続けるほうが適当な運動となるので、無理のない範囲で続けましょう。ただし、中腰の動作や、長時間腹部を圧迫するような姿勢は避けましょう。特に、下腹部に力の入る動作は控えて。
     
  • タバコや飲酒は赤ちゃんの発育を妨げます。大切な赤ちゃんのため控えましょう。
     
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある時期には、自己判断で薬を飲まないように。病気の治療や検査を受けるときには必ず妊娠していることを医師に告げてください。治療が必要と判断されたときは、指示通りきちんと飲みましょう。
     
  • コーヒー・緑茶などカフェインの含まれる飲料の飲み過ぎも、赤ちゃんの発育に影響を及ぼします。1日1杯程度にしましょう。
     
  • 妊娠中、長期間の旅行はできるだけ避けた方がよいでしょう。妊娠中期の比較的安定した時期に短期間の旅行なら大丈夫。旅行前に医師に相談し、ゆとりのあるスケジュールで出かけましょう。
     
  • 妊娠時期にもよりますが、注意深く運転し事故にはくれぐれも気をつけましょう。妊娠初期や末期は自分で運転することは避けた方が安心です。