このページの本文へ移動

NPO法人 子ども達の環境を考えるひこうせん

公開開始日:2012年11月30日

NPO法人 子ども達の環境を考えるひこうせんの取り組み

岡山市内の行政関係者や企業の方々から引っ張りだこのNPO法人子ども達の環境を考える ひこうせん。代表の赤迫康代さんに、活動の現状と今後の展望についてお話をお聞きしました。
 

NPO法人子ども達の環境を考える ひこうせん  代表 赤迫康代さん

拠点は備前市ですが、岡山市内での活動にも力を入れていらっしゃいますね。

赤迫康代さん

私たち「ひこうせん」は平成23年度で10年目を迎えました。有り難いことに、今では行政関係、特に岡山県との協働事業や子育て支援施策に加わったり、委員会に出席したりと幅広く参加しています。そのこともあってか、岡山市内での講演会などに呼んでいただき、よりたくさんの方に子育ての大切さ、楽しさをお伝えすることができています。

私たちは備前市で完結させてしまうのではなく、いい情報や取り組みはどんどん広げていきたいという思いを持っています。どこに暮らしていても公平に情報を得てほしいし、それによってたくさんの笑顔が増えてくれたらいいなといつも感じています。 

 

 
 

 

具体的には、どういった活動をされているのですか?

出前講座の様子

「出前講座」や「パパの子育て応援事業」などがあります。「出前講座」では、小学校や幼稚園、PTA連合会、公民館などに出向き、例えば「子どもとメディアの関わり方」や「子育て寺子屋」「ベビーマッサージ体験」などについて専門の知識を持つスタッフがお話をしています。大人数が参加する場合は難しいですが、少人数の場合は参加者の方にも意見をお伺いして、皆でテーマについて考えられる時間にしたいと思っています。

また「パパの子育て応援事業」は、昨年から本格的にスタートした取り組みです。子育て世代のお父さんたちに集まってもらい、お父さん同士で日ごろの子育てに対する思いを話し合ったり、ほかのお父さんたちの子どもへの接し方を知ってもらうなど、交流の場を作っています。
 

今年度力を入れたい活動を教えてください。

最近、共働きの子育て世代が増えていることもあり、企業の育児に対する姿勢も変わってきていると思います。ですが、まだまだお父さんが育児に参加しにくいという声も。そこで、今年度は企業での子育て講座の開催を増やしていきたいと思っています。岡山県の「おかやま子育て応援宣言企業」に登録すると、私たちの講座を受けることができます。そういった制度もぜひ利用していただいて、企業全体で「仕事と子育ての両立」ができるいい環境づくりに取り組んでもらいたいと思います。
 

赤迫さんは、ひこうせん代表として他にも多くの活動をされてますが、例えばどんなものがありますか?

「岡山子育てネットワーク研究会」という有志で構成するネットワークの代表世話人を務めています。県や市・公民館などの行政関係者、教育関係者、医師やカウンセラーなどの専門家、NPO、企業など多彩なメンバーが定期的に集い、広域的な子育て支援や子育てを取り巻く問題などについて学び合っています。このような積極的な学びを行い、ネットワークを築くことでよりよい子育て支援を実現していけるのではないかなと思います。お母さん・お父さん、子どもたちの笑顔が増えていくように、これからもますますがんばりたいですね。

  
お父さんのための子育て応援手帳 支援者勉強会
お父さんの子育てを応援する冊子「お父さん応援手帳」を制作し、講座を受講してくださった方に配布しています。育メン度がチェックできたり、子育てのポイントがまとまった便利な一冊です(希望者は「ひこうせん」までお問い合わせください) 「ひこうせん」では、「おかやま地域子育て支援拠点ネットワーク」の事務局も担っています。地域の子育て支援者を増やし、支援力をアップさせたいという思いから、知識を深めたり、支援者同士の関係性を築くための研修などを実施しています。
  

☆「出前講座」やひこうせんの活動についてのお問い合わせはこちら☆

 

団体紹介

ひこうせん外観

備前市に「くるみの森」という子育て支援拠点を持つNPO法人。子どもが自分で考えて遊ぶ力を養う場としてだけでなく、親同士のつながり作りをサポートする場でもあります。アットホームな雰囲気で、口コミを聞いて岡山市内から足を運ぶ人も少なくありません。

ゆくゆくは備前市にとどまらず「くるみの森」で効果的だった取り組みを、岡山市内などでも展開していくことも考えています。

 

NPO法人子ども達の環境を考える ひこうせん 別サイト
            (ふれあい交流拠点「くるみの森」)