このページの本文へ移動

キッズフェスティバル

公開開始日:2014年03月05日

『自分の責任で自由に遊ぶ』キッズフェスティバルの様子
NPOが主催しボランティアで運営される年1回の遊びのお祭り!

毎年、10,000人以上の親子が訪れる大人気のイベントです。
広い公園を使って、日常では体験できないダイナミックな遊びや、木・火・土を使った遊びを中心に思いっきり楽しむことができます。




 

平成29年度 開催について

日程 平成30年3月25日(日曜) 10時から15時
会場 浦安総合公園西地区 別サイト
住所:岡山市南区浦安西町148-1[地図別サイト
参加費 無料(遊びによっては材料費のかかるものもあります。)
主催 NPO法人 岡山市子どもセンター  別サイト

 

おうちでできない遊びにチャレンジ!!遊び方のヒントをもらって自由に遊ぶ!

とっても広い浦安総合公園に、「凧あげ」「木工作」「大型すべり台」「ままごと&砂場遊び」「竹馬」「凧づくり」「木の実の工作」「ベーゴマ」「べっこうあめ」などのコーナーがあり、子どもたちは、おうちでは出来ない遊びにチャレンジして、みんな夢中でした。

遊びのコーナーでは、プレーリーダー(2名)や養成講座を受けた高校・大学生を含むボランティアさん(約160名)が作り方や遊び方のヒントをくれるので、あとは子どもたちが自由に遊びます!

「キッズフェスティバル」は、お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんもついつい遊んでしまう、子どもだけでなく家族やボランティアさんなどみんなが楽しめるイベントです。
 

大型すべり台の様子  
大型すべり台 
ダンボール遊びの様子
ダンボール遊び 
木工作の様子  
木工作 
直火焼きパンづくりの様子
直火焼きパン作り 


 ※内容は平成24年4月1日実施のものです。
 

いろいろな年齢の人たちと遊べるよ!

大きいお子さんや小さいお子さん、ボランティアのお兄ちゃんやお姉ちゃんがいて「キッズフェスティバル」はいろいろな年齢の人たちの交流があります。

いつもは同年齢の子どもとしか遊ばないお子さんが、初めて会う年齢の違うお子さんたちと遊ぶのをみて、お父さんやお母さんはわが子の成長に気づかされることも。

 

「キッズフェスティバル」はどうしてこんなに人気があるの?

モットーの旗

――主催のNPO法人 岡山市子どもセンターの美咲代表にお話しを伺いました。

この取り組みを、岡山市広域に活動を広げようと始めたのが「キッズフェスティバル」です。私たちは、『自分の責任で自由に遊ぶ』をモットーに、子どもがのびのびと遊べる場として、週5日「プレーパーク」を行っています。

今の子どもたちは、ゲームばかりで外遊びがきらいだと言われますが、それは自分がやってみたい遊びを思いっきりやったことがないから。やってみたいと思う遊びのきっかけをつくれば、子どもたちは自分たちの手でやりたい遊びを実現しますよ。
 

 

こんなところがよかったよ!(参加した人の声)

参加者の感想文
  • 公園の周囲にあった「キッズフェスティバル」ののぼりを見て入ってみました。
    いろいろな遊びを力いっぱいできるのがいいですね!
  • 「プレーパーク」にもよく参加しています。
    いつもとは違った場所で遊べるので子どもはとても楽しんでいます。
     
  • 普段、遊んでいる公園は狭いのですが、浦安総合公園は、とても広いですね。
    おもいっきり走り回れるのでいいです。
     
  • たくさんの遊び場があるので、子どもたちは早く遊びたくて、お昼ご飯を急いで食べているんですよ。
     
  • パンづくりやべっこうあめなど、食べ物をつくるコーナーが気に入って親子で楽しみました。

※内容は平成24年4月1日実施のものです。

 

お問い合わせ

NPO法人 岡山市子どもセンター  別サイト
所在地:〒701-0144 岡山市北区久米348(旧白石幼稚園) [地図]  別サイト
電話:086-242-1810 ファクス:086-242-1830