このページの本文へ移動

児童館・児童センター「財田児童センター にこにこ広場」

公開開始日:2012年11月30日

児童館・児童センターの乳幼児クラブは、0歳から就園前までのお子さんと保護者の会で、いつからでも、誰でも参加自由に無料で利用でき、保護者同士の交流の場にもなっています。

現在、岡山市内には22の児童館・児童センターがあります。
今回は、その中から財田児童センターのにこにこ広場(乳幼児クラブ)の活動にお邪魔しました。

 

財田児童センターにこにこ広場の特長は?

活動風景

  • 前半30分は自由遊び、後半30分は、「リズム遊び」「工作」など、4人の先生たちが企画した遊びにみんなで参加します。
     
  • 先生たちが企画や準備をして運営していますが、参加している保護者の方も積極的に意見を言ってくれるので、親子がより過ごしやすい広場になっています。
     
  • 先生は親子どちらへも心配りがきめ細かく、遠くから参加している方がいらっしゃいます。


     ※先生・・・児童館職員

 

お母さんと先生が一緒になって活動をつくりあげています!

財田児童センター  館長代理 加藤 美智子先生 

加藤 美智子先生にこにこ広場は、私を含め4名の先生で企画と運営をしています。
参加人数は、だいたい35組くらいで、多い時には親子で90人ほどになることもあります。
主な活動は、前半30分は自由遊び、後半30分はテーマ遊びを行っています。

テーマ遊びは、各回の担当の先生が提案して、他の先生たちも意見を出しあってつくっていきます。にこにこ広場が終わった後には、すぐに反省会を行い問題点・反省点を話し合い、次回以降の活動に活かしています。チームワークはバッチリです。

開設時間は、毎週木曜日の10時30分から11時30分(小・中学校の長期休暇期間はお休み)です。保健師さん等とも連携して活動しています。 

4名の先生たち


子育て中のお母さんには、息抜きの時間も大切です。一日中、お子さんと二人きりだと、知らず知らずにストレスがたまることもあります。1時間だけでもよいので、外にでかける時間をつくって、他のお母さんとお話する時間をつくればリフレッシュできますよ。

財田児童センターのにこにこ広場では、先生からお母さんたちへの声かけを大切にしています。また、参加するお母さんたちは、困っているお母さんがいると声をかけたり、相談にのったり、お母さん同士の助け合いも自然にできています。ですから、心配せず気軽に参加してくださいね。

 

財田児童センターにこにこ広場の様子

12月15日(木曜)の活動は「クリスマス会」でした。この日はいつもの活動とは違い1時間のクリスマス会を楽しみました。子どもたちは、サンタさんからプレゼントももらいました。

親子で出しものを楽しんでいる   サンタさんにプレゼントをもらった
お母さん文庫の方による歌やエプロンシアターなどの出し物を親子で楽しんだよ!   子どもたちは、サンタさんからプレゼントをもらって大喜び!
     
サンタさんたちと踊ったよ   本棚の本
最後に、子どもたちは、サンタさん、先生、お母さんと一緒にダンスをしたよ。   財田児童センターには幼児向けの絵本がたくさんあって貸出をしているよ。

 

参加している方の声

先生のおかげで自然に仲間づくりできます

ママへのインタビューの様子


にこにこ広場には3年ほど前から参加しています。
親子で毎週、楽しんでいます。学区外から参加しているのですが、育児について相談ができるお母さん友達もできました。
にこにこ広場の先生方は、お母さん同士を結びつけるきっかけをつくってくれるので、初めてきても自然に輪の中に入っていけますよ!
(桑野さん親子とお友達)

先生もお母さんたちもやさしい人が多く、活動内容も充実していてお勧めです

ママへのインタビューの様子


お休みすると先生が気にかけてくださったり、知らないお母さんでも子どもの世話をして助けてくれる素敵な集いなので、家は少し遠いのですが毎回来ちゃいます。
(右:高橋さん親子)

子育てをしていたら、共通の話題があるし、ここのお母さんたちはフレンドリーなので一人で来ても大丈夫!
(左:国武さん親子)
 

同級生の子を持つお母さん友達がいっぱいできました

ママへのインタビューの様子


学区内なので、近所の同級生の子どもを持つお母さんとたくさん知り合い、親子で長く付き合えるお友達が増えました。
にこにこ広場以外でも児童館に来たら、いつでも、誰かが必ずいるので気軽に寄っています。 (斎藤さん親子)

 

 

 

 

児童館・児童センターの乳幼児クラブに参加したい

誰でも自由に利用できます。
活動時間内であれば、途中からでも参加できるので、気軽に寄ってみてください。