このページの本文へ移動

#98 妊活の1歩目は体調管理

公開開始日:2016年05月24日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市北区 O.A

みなさん、はじめまして。
わたしは現在6か月の赤ちゃんを子育て中です。
 
結婚してからすぐに子どもが欲しいと思っていたものの、なかなか妊娠せず、赤ちゃんができにくい体質なのかな…と不安になっていました。
仕事柄、不規則な生活を送っていたので食事の時間もバラバラで、生理不順もありました。
これらの体調をまずは改善しようと思って、「妊活」を始めました。
妊活というほどのものではないかもしれませんが、私が実践してみたことをお伝えしますね。
体質改善で妊娠しやすい身体になることもあるので、参考にしてもらえたらと思います。
 
まずは、仕事を辞めました。
これは本当に決心のいることでした。辞めたとしても妊娠できる保証はありませんしね。
ただ、辞めることを決めた時点で、このまま妊娠しない期間が続くようであれば、不妊治療にも挑むことを決めました。
 
イラスト仕事を辞めてできた時間を、自分の身体のためにめいっぱい使うことにしました。
朝はきちんと同じ時間に起き、今まで食べていなかった朝ごはんも取るようにしました。
最初の方は食べる方が慣れていないので、気持ちが悪くなったりしていましたが、少しの量から始めることで、今ではしっかり食べられるようになりました。
朝ごはんを食べ出すと、なんだか午前中から元気で、家の掃除や洗濯などテキパキとできるようになった気もします。
 
お昼ごはんや晩ごはんもなるべく健康を意識して和食にしました。
また、合間合間で温かい飲み物を飲むようにしました。
たんぽぽ茶が良いと聞けばそれを、ニンニクが良いと聞けばそれを食べたり飲んだりしていたような気がします。笑
 
それと、毎日夕方に1時間の散歩をしました。
散歩にも何か楽しみを見つけようと思い、毎日できるだけ通ったことのないルートを選んで散歩していました。近所なのに知らなかった場所を発見したりして、楽しかったですよ。
 
そんなこんなで、食事に気をつけたり、運動したり、少しずつ身体を温めることを意識して生活していったところ、みごと妊娠に成功しました!
体調をしっかり整えるということがいかに大事であったかを改めて認識した瞬間でもあります。
 
無事、出産後は子育てに突入して自分本位の生活はできませんが、それでも少しでも食事に気をつけ、身体を冷やさないような工夫を続けています。
寝不足な毎日ではありますが、元気いっぱいに過ごしています。
 
 

O.A(イニシャル)

 岡山市北区在住 6か月の赤ちゃんのママです。O.Aさん

 

 

 

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印