このページの本文へ移動

#93 わたしの保活

公開開始日:2016年03月08日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市北区 T・H

保育園さがしスタートっ!

現在8か月の息子は4月から保育園に入園します。
人気の園は、かなり高倍率になると聞いていたので、産休に入る前の5月頃からリサーチを始めました。
自宅、職場の3キロ前後圏内の保育園を探し、情報収集から始めましたが、ホームページが簡素な園もありインターネットで得られる情報はとても限られていました。
時期がまだ早すぎて見学も受け付けていないようだったので、とりあえずはウォーキングを兼ねて保育園の様子を見に行くことにしました。
 
外から眺めるだけですが、夕方16時から17時頃のお迎えの時間をめがけて行きました。
そこでは、お迎えを待っている子ども達の様子、お迎えにくる保護者の方の雰囲気、保育士の方の対応、また、その時間帯の道路の混み具合などもチェックしました。
子どもが生まれる1か月前には認可外保育園も含め、6つの保育園を見に行き、その中から候補を絞りました。 

見学は重要です!

6月に子どもが生まれ、10月には一緒に外出もできるようになったので、候補の中から2つの園に決めて見学を申し込むことにしました。
どちらもとても人気が高い保育園だったようで、見学は申し込みをした日から1週間以上後になりました。
 

イラスト

2つの保育園を見学し、具体的に保育士の方の説明をよく聞くと、それぞれの園にとても気にかかることがありました。
1つ目は、「布オムツ」です。
毎朝、保育園に到着すると布オムツにはき替えさせ、お迎え時は使用後の布オムツを持ち帰り洗濯してまた持って来る、とのこと。
復職後の一日の流れがまだイメージできないのに、洗濯の回数が増えることだけは明らかです。
しかも朝は夫が通勤途中に保育園に連れていく予定なのに、毎朝布オムツに替えられるのか、とても不安でした。
2つ目は、参観日や運動会など園の行事がほとんど平日に行われること。
また、土日にもイベント参加があるようで、なんだか忙しそうでした。

合わないかも?と感じたら他にも目線を!

この2つの保育園は人数の多い大型の園だったので、もうひとつ小規模の保育園を見学することにしました。
こちらは布オムツの強制はなく、イベント開催は保護者の都合も考慮したスケジュールでとても自由度が高く感じました。
さらに、見学した2つの保育園は若い先生がほとんどでしたが、ここはベテラン風の先生がたくさんいて安心感もありました。
見学した3つの保育園を比較したとき、私にとっては圧倒的にこの保育園が魅力的で、結果的に最後に見学したこの保育園を第1希望として申し込むことになりました。
 
私のように候補外だった園が第1希望に急浮上することもあるので、保育園選びの際はしっかりと見学をして決めることが大切だと感じました。
子どもはまだ自分の意志では決められないので、親の目線から見て安心して預けられるところを選びたいですね。
 
 

T・H(イニシャル)

 岡山市北区在住 2015年6月生まれの男の子のママです。T・Hさん

 

 

 

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印