このページの本文へ移動

#90 女の子たちの体験活動の場『ガールスカウト』

公開開始日:2016年01月26日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

ガールスカウト岡山県連盟 中山忍

ガールスカウトって?

マークガールスカウト岡山県連盟は今年、結成50年目を迎えます。
浅口市金光町に、第1団が誕生し、その後岡山市、倉敷市、津山市、高梁市、総社市に、いくつもの団ができました。
この50年の間、多少数は減ったものの現在は、12ヵ団約370人の会員が県内で活動をしています。
年齢も幅広く、5歳から90歳を超えるガールスカウトがいるんですよ。 

ガールスカウトの活動を紹介します!

ガールスカウト2よく「ガールスカウトって聞いたことあるけど見たことないわ」とか、「どんなことをしているの?」と言われ、なぞも多いようです。
主な活動は、それぞれの地域の団で行います。毎月、2回くらい、日曜日の午前中に集まり、料理や裁縫をしたり、季節の行事を楽しんだりしています。
また団によっては、田植えから稲刈りを一年がかりで体験することもあります。
 
そして、夏休みにはキャンプ。
みんなで料理をしたり、キャンプファイヤーなど普段なかなかできないことを体験します。
ガールスカウトでは、「体験」が大事だと考えています。
キャンプでは、どんな状況になっても工夫できる知恵が身に付き、それは、やがて生きていく力にもつながっていきます。
 
女性の社会での活躍がますます期待される時代になりました。
子どものうちから様々な体験活動を通して成長し、コミュニケーション能力、リーダーシップ能力を身に付けてもらうことを目的としています。

子どもの成長を手助けする体験を

ガールスカウト1こう言うと、ガールスカウトに入るのは、しっかり者でハキハキとした女の子ばかりのように思われるかもしれませんが、そうではないんですよ。
モジモジと恥ずかしがり屋の子も大勢います。
でもモジモジしている子がいれば、年上の子が声をかけ、リーダーが見守り、その中で小さな体験を積み重ねていくうちに、自信ができて、お家の人がびっくりするような一面を見せることもあります。
学年が大きくなっていくと、全国のガールスカウトが集まるキャンプに参加したり、海外のガールスカウトとの交流ができるのも楽しみのひとつです。

一緒に「体験」してみよう!

5月22日は「ガールスカウトの日」!
毎年、岡山県でもイベントを行っています。
今年は、後楽園を会場に自然観察など、楽しいことをいろいろ企画しています!
興味のある方はぜひご参加くださいね。
 
 

中山 忍(なかやましのぶ)

中山さんガールスカウト岡山県連盟 別サイト 所属

 

 

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印