このページの本文へ移動

生活安全課の行う子育て支援~「交通安全教室」~

公開開始日:2015年08月19日

保育園や幼稚園の登降園、おでかけ、お散歩、お外で遊ぶとき・・・
子どもたちのまわりには危険がいっぱいです。
思わずヒヤッとした経験のあるパパ・ママも多いのでは?

そんなパパ・ママ、そして子どもたち自身に、身のまわりに潜む危険をわかりやすく伝え、普段の行動に活かせるように、岡山市生活安全課が『交通安全教室』を行っていることを知っていますか?

いつ、どのような状況で交通事故が起こりやすいか、防ぐためにはどのようなことを意識しておくべきか、交通事故から自分の身を守るため、そして大切な子どもを守るため、親子でこのような機会を利用して、交通安全について学んでみませんか?

「交通安全教室」ってどんなことをしているの?

交通安全教室の様子

子どもや、小さいお子さんを持つ保護者の方の行動パターンに近いものを例に挙げながら、わかりやすく交通安全について学べるように、指導員の方々がさまざまな出前講座を行っています。

例えば、

  • 道路の歩き方・横断歩道の渡り方
  • 信号のきまり
  • 雨の日の注意、傘のさし方
  • 踏切の渡り方
  • 知らない人に声をかけられたときの対処法
  • 安全な遊び方   など

これらを子どもたちが楽しみながら学べるように、人形劇や着ぐるみ、腹話術、パネルシアターやペープサート、クイズなどで盛り上げます。

保育園や幼稚園などでは、園庭などで模擬信号機を使って、信号の渡り方や道路の安全な歩き方などを実際に歩いて、練習します。

 

年1回の交通安全のおまつり『交通安全ももたろうクラブフェスティバル』

●平成27年7月31日開催の様子●

生活安全課では、毎年夏休みに「交通安全ももたろうクラブフェスティバル」を開催しています。
当日は会場を埋め尽くすほどのたくさんの親子が訪れ、交通安全にちなんだ劇やゲームなどを楽しみました。

 交通安全フェスティバルの様子

生活安全課の職員さんたちによる劇は野菜の子どもたちを主人公にしたものがたり。
「知らない人について行かないようにしよう!」、「止まっているトラックに乗ってあそんだらダメだよ」、「飛び出しは危ないよ!」、「正しい横断歩道の渡り方を覚えよう」など、子どもたちに伝えたい交通安全のメッセージがたくさん盛り込まれていました。
職員さんたちからの問いかけにも、子どもたちは元気よくお返事ができました!

ビンゴゲーム

ビンゴのマス目が道路標識になっているめずらしいカードです!
いつもお外でよく見かけるマークはあったかな?どの標識がどんな意味を持つのか、ゲームで楽しくお勉強ができました!

チビッコ警察官になりきろう

普段、憧れているカッコイイ警察官の制服を着られて子どもたちは大喜び!
敬礼をしたり手を振って大喜びな子どもたちを、お母さんたちはうれしそうに写真にパチリ☆

当日の様子を動画で紹介!

交通指導員さんからのメッセージ

岡山市生活安全課/交通指導員 細川さん(左)・田淵さん(右)

職員さん

交通ルールは一歩外に出ると、子どもも大人も守らなければいけない大切なルールです。

交通ルールは、小さいころから親が繰り返し教え、見せることで身につきます。自らが考え、安全に行動できるようにしてあげましょう。

大切な子どもさんの命、自分で守れるよう今のうちから、しっかり教えてあげてくださいね。

 

「交通安全教室」の出前講座を希望の方は・・・

まずは、お電話にてお問い合わせください。
おやこクラブや子育てサークルなど、団体でのお申込みとなります。
※スケジュールによってはご希望の日時にお伺いできない場合もございます。

 

お問い合わせ

市民生活局生活安全課 交通安全防犯室

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [地図

電話: 086-803-1106 / ファクス: 086-803-1724