このページの本文へ移動

#73 ファミリー・サポート・センターでの出会いに感謝!!

公開開始日:2015年06月15日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

ファミリー・サポート・センター提供会員(預かる人) 二宗玲子

ファミサポの時間が楽しみのひと時に

そもそもファミサポに関わるようになったのは、娘のお友達から「二人目が生まれたので、ちょっとした時にどちらかを見てもらえたら…」との何気ない依頼が始まりでした。
 
それから3年・・・
ピンチヒッター?!はたまた子どもさんの“おばあちゃま”代わりとして少しばかりお手伝いをしています。
 
最初は怪我がないようにとか、病気の症状が出たらとか、起きない先から心配ばかりしていましたが、このファミサポの楽しみはなんといっても、それぞれの子どもさん達の表情の可愛いさ!!

おばあちゃんと子ども

保育園にお迎えに行くとニコッと笑って駆け寄って来てくれる動きに思わず、
『可愛い!!』『うれしい!!』という感情が湧きあがります。
ちまたで言われる“脳の活性化”とでもいいましょうか、はたまた血液サラサラのように穏やかな喜びが体にみなぎるようです。
 
そして、「いいな~」と思うことは我々世代では固定化されている発想が何と言ってもユニークなこと。
お赤飯の小豆を見て・・・「ダンゴムシ!」 (エーッ)
主人が入歯をはめていると・・・「オジチャン、歯を食べちゃった!」 (爆笑)
主人の肥満のお腹を見て・・・「オジチャン、赤ちゃん生まれるの?」 (そうくる~?)
 
 
また、暖かくなって外で遊ぶと、裸足になり裸になり泥遊び。
大人ではこうはいきません。
自分を解放する姿は健康的で、子どもさん達の未来を信じることができます。
今ではそんな時間を楽しむひと時となっています。
 
 
自分の子育ての時にはじっくりと付き合えなかった日々を、反省と追憶をこめて過ごす時間といったらいいでしょうか。
この歳で少しでも若い方のお役に立てることは自己肯定感を育める瞬間にも感じます。
その意味でも支援依頼をしてくださるお母さん方にも、感謝の想いでお付き合いしています。
 
 
-ちびっこさんありがとう。これからもよろしくね。-
 
 
 

二宗玲子(にそうれいこ)

昭和22年(1947)九州生まれ。二宗さん
子どもは娘3人。孫も女の子ばかり5人。
読書、手芸、園芸が趣味のおばあちゃんです。

 

ぽけっと 「ファミリー・サポート・センター」のページもご覧ください。

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印