このページの本文へ移動

#71 楽しい本との出会いを応援します!

公開開始日:2015年04月14日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

幸町図書館 田中久美子

春は出会いの季節!本との出会いもいっぱい!

毎年4月23日は「子ども読書の日」です。
そしてこの日をスタートに5月12日までが「こどもの読書週間」とされています。子ども読書週間ロゴ
今年の子ども読書の日のキャッチフレーズは『本のなかにもおともだち』です。
 
図書館では昔から読み継がれている本が今も大活躍しています。
『ぐりとぐら(※1)』や『エルマーのぼうけん(※2)』などは、昔も今も子どもたちに大人気!
お母さんやお父さんが小さいころ読んだ本を子どもたちと一緒にもう一度読むと、また新しい発見があるかもしれませんよ。
お探しの本がある時は、お気軽に司書にご相談くださいね。
 
また、この期間は図書館や公民館、学校などで、楽しい行事がたくさん行われています!
市内の図書館では、絵本の読み聞かせやストーリーテリング、「ミニコンサート」や「絵本から飛び出したお菓子づくり」など、いろいろな行事を開催します。
たくさんの笑顔に出会えることを楽しみに、皆さんのご参加をお待ちしています!
公民館でも「子ども読書フェスティバル」が開催されますよ。ぜひイベントカレンダーをチェックしてみてくださいね!
 

赤ちゃんにも読み聞かせできるの?

赤ちゃんに読み聞かせ?と思う方もいらっしゃるかもしれません。赤ちゃん読み聞かせの様子
赤ちゃんの視覚は生後2か月ぐらいから発達し、生後4か月くらいになって首がすわると視野もぐっと広がります。
言葉の意味などの習得はまだ先ですが、絵を見て、言葉を聞いて、そして一緒に絵本を読んでくれるお父さんやお母さんと楽しい時間を過ごすこと、その時間が赤ちゃんには一番うれしい贈り物ではないでしょうか。

岡山市立図書館では、赤ちゃんと保護者が参加する絵本の読み聞かせ体験を、中央図書館・幸町図書館・灘崎図書館で開催しています。
また、赤ちゃんすこやか相談会場(一部を除く)でも行っているんですよ。
 
参加している赤ちゃんは、じっと絵本をみたり、「アーウー」と声を出したりして反応を示してくれます。
そして、保護者の方が絵本に合わせて言葉をかけたり体を動かしたり、一緒に絵本の世界で遊んでくれる時の赤ちゃんの笑顔はとても満足そうです。
お散歩の後や眠る前など、ゆったりできるちょっとした時間に読んでみてくださいね。
読み聞かせ体験へのご参加もお待ちしています。
 
※1:『ぐりとぐら』 中川 李枝子/さく 大村 百合子/え 福音館書店
※2:『エルマーのぼうけん』 ルース・スタイルス・ガネット/さく 福音館書店
 
 
 

田中久美子(たなかくみこ)

田中さん

幸町図書館職員

市内10か所にある市立図書館の魅力がぎゅぎゅっと詰め込んだ「図書館」のページもご覧ください!
子どもと一緒に楽しめる行事や、子連れで気になる設備の情報など見やすくまとめています。

 

 

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印