このページの本文へ移動

#67 今日も「小さなお客様」をお迎えします

公開開始日:2015年02月10日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

さんかく岡山館長 三宅良昭

子ども達も私たちのお客様

入口から、タタタッと小走りに近づくかわいい足音。
職員が「○○ちゃん、おはよう!」とお声かけすると、最高の笑顔で応えてくれる「小さなお客様」です。
職員にも自然と笑顔が広がります。
 
保護者の方が託児利用の手続きをしている間も待ちきれない様子で、「早く託児室で遊びたい!」との心の声が聞こえてくるようです。手続きが終わって、「いってらっしゃい!」の職員の声に、あふれんばかりの笑顔で託児室に向かっていきます。
 
最初は、職員のあいさつにも隠れるようにしていたり、託児室に行っても、保護者の方と離れるのが辛くて泣きじゃくったりするお子さんもいらっしゃいます。
そんな「小さなお客様」も何度か利用されるうちに、すっかり慣れて「今日は何して遊ぼうかな。」、「お友達は来てるかな?」と、まるで「自分のお気に入りのお部屋」のように元気いっぱい遊んでいます。
 
 

子ども達とのつながりが私たちの楽しみに

そんな「小さなお客様」の中で、思い出深いSくん。
お母さんの“里帰り出産”にともなって、しばらくお母さんのご実家で過ごすことになったSくんですが、ご実家はお店を営んでいるため、近くにある「さんかく岡山」の託児室をご利用いただくことになりました。
 
最初のころは、小さな顔に不安がいっぱいで、託児室に入ると泣きじゃくって託児のスタッフがずっと抱っこして過ごしたこともありました。でも、利用するたびにどんどん楽しみが大きくなってきて、「Sくん、おはよう!」の声掛けに笑顔でお返事してくれるようになりました。

イラスト

数か月にわたり、多いときには毎日のように通う間に、お母さんは無事に出産され、Sくんは“お兄ちゃん”になりました。また、職員や託児スタッフにもすっかり慣れて、私たちもSくんが来てくれるのを毎回楽しみにしていました。
時が過ぎ、最後のご利用の日、職員や託児スタッフと一緒に笑顔がいっぱいの記念撮影をしていただきました。
 
あれから、1年がたちました。
きっと、Sくんはかわいくて元気いっぱいの”お兄ちゃん”になって、毎日を過ごしていることでしょう。そんなSくんがまたいつか「さんかく岡山」に遊びに来てくれる日を楽しみに、今日も「小さなお客様」をお迎えします。
 
「さんかく岡山」の託児室は、生後3か月から就学前までのお子様にご利用いただけます。
「さんかく岡山」は皆様の子育てのお手伝いもさせていただきます。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。
 

 

三宅良昭(みやけよしあき)

三宅館長

岡山市男女共同参画社会推進センター「さんかく岡山」館長

「さんかく岡山」託児室のご利用に際しては、事前にご予約のご連絡をいただければ、ご利用にあたっての詳しいご説明をいたします。
職員・託児スタッフ一同、ご利用をお待ちしております。

 

ぽけっと 「さんかく岡山」のページもご覧ください。

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印