このページの本文へ移動

旭川荘厚生専門学院 児童福祉科

公開開始日:2014年11月28日

旭川荘厚生専門学院の子育て支援への取り組み

旭川荘厚生専門学院では、地域の乳幼児や障害児を対象に、学生たちによる遊びの提供や、先生たちによるパパ・ママの抱える子育ての悩みや不安などについての相談など、学生と先生を中心に地域の親子との交流の場を定期的に開催しています。

この取り組みは、旭川キャンパス、吉井川キャンパスそれぞれで実施され、親同士・子ども同士のコミュニケーションの場としても活用されています。さらに、吉井川キャンパスでは、高齢者向けの施設も併設されているため、施設を利用するおじいちゃん・おばあちゃんとふれあう三世代交流ができることも魅力的です。

今回は、旭川キャンパスで行われた『地域子育て応援隊「あそぼう屋」』の活動の様子を紹介します。

地域子育て応援隊「あそぼう屋」ってどんなことをしているの?

旭川荘厚生専門学院のある北区祇園周辺の、牧石学区・高島学区・御野学区の乳幼児親子が集まりました! 

-

オペレッタ七匹のこやぎ

みんなもよく知っている『七匹のこやぎ』

お兄さんやお姉さんが役になりきって、お歌や踊りを混ぜた見応えたっぷりの劇☆

オオカミさんを見て、思わず泣いちゃったお友だちもいるほど、本格的な出来栄え!

 

オペレッタに興味津々

 

 アンパンマンげきじょう

みんなで踊ったよ

焼き芋を焼いていたら、バイキンマンがやってきて、落ち葉をグチャグチャに・・・

そこへアンパンマンが登場!!

 

「オレ様も一緒に焼き芋がしたかっただけなんだ・・・」

そんなバイキンマンの本当の気持ちを知って、みんなで仲良く焼き芋を食べて仲直り☆

最後は会場みーんなで『サンサンたいそう』を踊ったよ♪

 

 ふれあいあそび

いろんなあそびで楽しみました

最後は、おうちではできないようなダイナミックな遊びで思いっきりはしゃぎました!

●のりものコーナー

手作りのパトカー・新幹線など、お兄さん・お姉さんに引っ張ってもらってうれしいね!
「ご乗車くださーい!終点は『あそぼう屋前』まで~」

●パラシュート

学生のみなさん

大っきなパラシュート!ふくらんでいる間に、走り抜けられるかな?!つかまらないように走り抜けちゃえ!
つかまるとカラフルな世界に包まれて幻想的☆

●新聞プール

新聞の雨を降らしてみよう!たくさんの新聞紙の中に、もぐったり、ちぎったり、ヒラヒラ舞って楽しいね♪ 

●絵本コーナー

のんびりしたいお友だちは、絵本やおもちゃでゆたりと☆

 

みんな思い思いに学生さんたちと一緒に楽しい時間が過ごせました!

_

 

 私たちの「得意なこと」で子育て支援を

旭川荘厚生専門学院 児童福祉科 科長 江田加代子先生

江田先生

学生たちの多くは、旭川荘内の乳児院や障がい児・者施設でアルバイトや、ボランティアをしています。普段から現場での体験を生かしながら学んでいるので、こういった時に学生たちは実践力を発揮してくれます。このような経験を重ねることで、学生たちの子どもへの対応力が成長していきます。

その他に、本学院の独自の取り組みとして障がいをもつお子さんや家族の方にも楽しんでもらえるように「おたのしみ会」を開催しています。会では学生たちといろいろな遊びを通してふれあいを楽しみます。 また、保護者の方には情報交換や、悩みや不安を共有しながら楽しんでもらっているんですよ。

 

参加者さんに聞きました!

参加者さん1参加者さん2

ママの声おうちではなかなかできないような遊びをさせてもらって、子どもも大喜びでした!!
私たちママも一緒になって遊ばせてもらって、楽しかったです!

ママの声初めて参加しましたが、オペレッタなどはセットや衣装なども手作りされていて、本格的な劇にびっくりでした!子どもたちも夢中になって見ていました。

 

 障がいを持つお友だちの集まりやおじいちゃん・おばあちゃんとの交流の時間など、地域とつながるいろんな工夫をしているんだね!

 

お問い合わせ

旭川荘厚生専門学院 児童福祉科

<旭川キャンパス>
所在地: 〒703-8560 岡山市北区祇園866 [地図
電話: 086-275-0145 ファクス: 086-275-3283
<吉井川キャンパス>
所在地: 〒704-8126 岡山市東区西大寺浜610 [地図] 
電話: 086-944-6911  ファクス: 086-944-6922