このページの本文へ移動

#56 新米パパの気づき

公開開始日:2014年08月26日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市岡山っ子育成局こども企画総務課  宇佐美 文章

今年2月に子どもが誕生し、家族3人となりました。
産まれてから早半年、目まぐるしく育つ子どもに日々振り回されている毎日が続いています。
仕事が忙しいこともあり、育児は妻に任せっきりとなっていますが、この半年間で「ああしていればなぁ」と思ったことをいくつか述べたいと思います。
これから赤ちゃんが産まれ、子育てをスタートする方々に少しでもお役立ていただければと思います。
 

子どもの写真について

目まぐるしく成長する我が子。日々何かしらの変化があるわけです。子どもの成長写真
それを写真に収めるのが私の週末の楽しみになっています。
ですが、何枚か写真を見て気づいたのが、「身体の大きさ」がよくわからないということです。
被写体を子どもだけにしている写真が多いので、身体の成長がよくわかりません。
なにか大きさの目安になるもの(ぬいぐるみなどでしょうか?)と一緒に撮っておけばよかったなぁと思います。
 

子どもの服について

今まで全く興味のなかったベビー服も子どもが産まれると「これを着せたい!あれも着せたい!」と少なからず思ってしまいます。

ベビー服・おもちゃ

子どもの身長を考えて衝動買いし、いざ着せようと思うと・・・入らない!!!・・・なんてことが何度かありました。
袋詰めで販売されている乳児服は、表示サイズで判断するしかないので、まとめて何枚か買ってしまわずに、まずはそのサイズを1枚買って着させてみてから追加で買う方がよいと思います。
 

家事・育児への参加について

現在、社会的にも、男性の家事・育児への積極的な参加が求められております。
私はと言うと・・・子どもと添い寝するくらいです。つまり全然できておりません。。。
そんな私が言うのもおこがましいですが、求められている男性の育児支援は「手伝い」ではなく「役割」であると思います。
「役割」ということになると、男性と女性それぞれできちんと分担しておけばうまくいくのではないかなと思います。
 
我が家でも「7時までに帰ったら子どもをお風呂に入れる」、「ゴミ出しは男性がする」、「水曜と土日はご飯を作る」といったようにルールを決めてやらないといけないなと思う今日この頃です。
 
 
 
子どもが産まれて半年、まだまだ子育て世帯の新入りですが、これから色々なことがあると思います。ああでもない、こうでもないと考えつつ、子どもの成長を楽しみながら子育てをしたいと思います。
 

 

宇佐美 文章(うさみふみあき)

宇佐美様

岡山市岡山っ子育成局こども企画総務課 所属
6か月のパパ

 

私事ばかりつらつらと書いてしまいましたが、子どもを育てるにあたって感じたこと、これから感じることを岡山市の子育て政策に生かせるよう励んで参りたいと思います。

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印