このページの本文へ移動

#06 昭和な子育て実施中!

公開開始日:2012年07月23日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山大学大学院医歯薬学総合研究所 助教 川畑 智子

現代の子育ての悩み                      

子育てのやり方は、人それぞれです。

時代がどうしても反映されますし、子育てのスタイルが出来あがるのにも年月がかかります。
今回は共働き家庭で時間が限られた中で、私が子育てで心掛けたことを紹介します。

我が家は核家族で共働き。どちらの両親も県外のため、2人の子供を抱えながら、時間のやりくりに頭を悩ませました。
そこで、子供との貴重な時間の過ごし方を私なりに工夫をすることにしました。
自分自身がテレビっ子だったことを反省し、このようなルールを作りました。
 

我が家の子育て6箇条

走り回る子どものイラスト

  1. テレビを子供が起きている時につけない  
  2. 駄菓子は最小限にして、おやつは果物や牛乳にする  
  3. 食事はだしからつくるなど、レトルト食品を使わない  
  4. 簡単に物を買わない  
  5. 自然にふれてあそぶ  
  6. 朝型にきりかえる

ここでポイントは、すべて"なるべくしよう"ということです。
要するに、無理をしないことです。
すると、今、学童期に成長した子どもたちは、喜怒哀楽を丸出しにして、よく話をし、走り回り、虫をとり、本を読むことが習慣になっています。
 

昭和の時代にタイムスリップ!

平成の時代に得ることができる便利さに甘えすぎないようにしたことで、むしろ昭和の時代にタイムスリップしたような子育てをすることになりました。
今は物があふれていて、常にテレビや携帯をみながら何かをすることが多く、案外、人と人が落ち着いて食事や話をする時間が少ないのではないでしょうか。
たぶん、テレビに子供の"ベビーシッター"をさせた方が最初は楽かもしれません。
くじけそうになることもありましたが、夫の理解を得ながら、なんとか子育てをしています。

子育てをしていると、あれもできない、これもできないと思うかもしれませんが、子供のおかげで逆に健康的になったかもしれません。
まずは親である私たちの生活を変えてみることから、チャレンジしてみるのもひとつの手ではないでしょうか?

 

川畑 智子(かわばた ともこ)

川畑 智子(かわばた ともこ)様

岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科
地域医療人材育成講座 
医療人キャリアセンターMUSCAT 助教別サイト

岡山大学 ダイバーシティ推進本部 次世代育成支援室 室員別サイト

医療人キャリア支援センターMUSCATのこころみ
今の仕事では、医師の復職を支援しておりますが、その一環で、岡山大学病院にて次の世代の医師を育成するというテーマで講演会を開催しています。
この講演会は地域の方々にも公開しており、もっと身近にできることから子育てを見直し、子どもを通して大人も生活が豊かになる場を提供したいと考えています
みなさま、どうぞご参加ください!

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印