このページの本文へ移動

#50 親子で“発見”を見つけに行こう!

公開開始日:2014年05月27日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

NPO法人子ども達の環境を考えるひこうせん 赤迫康代

子どもの年齢にあった経験ができる場を

みなさんのお子さんはどんな遊びをするのが好きですか?
お絵かきやおままごと遊びが好きだったり、電車や飛行機を見るのが好きだったり・・・
子どもの個性はそれぞれで、たくさんの可能性に包まれています。
 
私たちの活動の拠点「くるみのもり」が大切にしている事は、子どもの年齢にあった経験をさせてあげたいということです。
例えば、どろんこ遊び。

おそと遊び

マンション住まいの方は難しいでしょうし、お庭をお持ちの方も、自宅でやらせてあげようと思うとちょっと勇気がいりますよね。
 
そんな家庭だけではできないことが気軽にできる、そんな場所を作ってあげたいと思っています。
自然の中にあるものを見て、触れて、感じることは、子どもにとって心が育つ大きな栄養素になることでしょう。
最初の頃は、小さな虫にさわることもできなかった子が、「見て見て!こんな虫さんが歩いていたよ!」と手のひらに乗せて、満面の笑顔で見せてくれるのですよ。
 

お母さんの成長

こういった親子が集まる場は、子どもだけでなくお母さんの成長にもつながります。
 
何人かで遊んでいると子どもたちは、おもちゃの取り合いをしたりしてケンカになってしまうこともあります。
でも、ケンカも子どもの成長の上ではとっても大事なこと。
なんでお友達が怒ったのか、泣いたのか、自分はどうしたかったのか。
子どもたちは小さな心で一生懸命考えます。そして、自分たちで解決できる方法をちゃんと見つけることができるんです。
 
お母さん同士もそういった共通認識ができてくるので、温かい目で見守ってあげられます。ママ同士のおしゃべり
 
また、自分ひとりでの子育てはいっぱいいっぱいになって、まわりがよく見えなくなることもあると思います。でも、ほかのお母さんの話を聞くことや自分の話をすることで、見えなかった部分が見えてくるようになりますよ。
「〇〇ちゃん、こんなことができるようになったね!」など、ほかのお母さんから言われることで、子どもの成長を感じることができたり、自分の子育てに自信が持てたりします。
 
少し年代が上のお子さんを持つお母さんとも出会えるので、先輩ママからアドバイスを聞いたり、もう少し大きくなるとこんな風になるんだなぁと客観的に感じることも良い刺激になります。
 
このように同じ子育てされている方が集まると子ども同士・親同士でいろんな発見に出会えます。
どうぞ家庭だけでは味わえない魅力を感じに、親子で外へ出かけてみてください。
 
 
 
 

 

赤迫康代(あかさこやすよ)

赤迫さん

NPO法人子ども達の環境を考えるひこうせん 代表

備前市に「くるみの森」という子育て支援拠点を持つNPO法人。子どもが自分で考えて遊ぶ力を養う場としてだけでなく、親同士のつながり作りをサポートする場を提供。
また、「出前講座」や「パパの子育て応援事業」なども主催し、積極的に子育て支援に取り組む。

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印