このページの本文へ移動

#44 わくわく・どきどき保育園!

公開開始日:2014年02月25日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

平井保育園副園長 井上 直美

初めての保育園

4月の保育園は、とってもにぎやかです。
初めての集団生活で、おうちの人と離れて大泣きしている子、緊張で顔をこわばらせ固まっている子などさまざまです。
そんな様子のわが子を見ながら、仕事に行く保護者の顔も曇りがち。
「いつになったら保育園に慣れるんだろう?」「保育園に入れるのは早すぎたのかな?」とあれこれと悩まれ不安になることもあるかもしれません。

実際、「うちの子はずっと泣いているんですか?」とつらそうに聞いてこられたお母さんもいらっしゃいました。「お母さんの姿が見えなくなるとお友達と砂場で遊んだんですよ。」というと、ちょっと安心したようでした。

泣いていた子も1か月も経過すると、笑顔が見られだし、担任の保育士の側で安心して遊んだり、クラスの友達と遊ぶようになってくるので、心配しすぎなくても大丈夫ですよ。
 

子どもの生活リズムを大切に

園に慣れた頃、体調を崩したり、登園を嫌がったりする子が出てきます。
保護者に聞いてみると、「お休みだから夜遅くまで起きていました。」「遊びに行っていてお昼寝が出来なかったんです。」と大人の都合で生活リズムを崩してしまったことが原因のようです。

毎日元気に登園するためには、『早寝、早起きをし、朝ごはんをきちんと食べる』ことが大切です。
 

不安なことは相談を

お迎えに来たお母さんを見つけ飛びついて行く子。
それを嬉しそうに抱きしめ「ただいま」とやさしく声をかけるお母さん。
「あのね。きょうね、うさぎの折り紙を作ったよ。」と楽しそうに報告する様子に、「お迎えに来て子どもの笑顔を見ると疲れが吹っ飛びます。」と言っていたお母さんがいました。私たちもその一言で疲れが吹っ飛びました。
 
これから初めての入園を迎えられるみなさん。
「友達と仲良く遊べているのかな?」「給食は食べられたのかな?」など、気になることは積極的に担任に聞いてみましょう。
保育園と何でも相談できる関係なら、とても安心ですよね。

親子ともに楽しい保育園生活を過ごしてくださいね。
 
 
 
 

 

井上直美(いのうえなおみ)

井上さん

昭和58年     岡山県立短期大学保育科卒業
    同年    岡山市三門児童センター児童厚生員
平成元年より 岡山市岡南保育園 保育士
          岡山市牟佐保育園 保育士
          岡山市可知保育園 保育士
          岡山市庄内保育園 保育士
          岡山市岡南保育園 保育士
平成20年     岡山市岡南保育園 統括主任保育士
平成23年     岡山市神下保育園 統括主任保育士
平成25年     岡山市平井保育園 副園長

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印