ホーム  > 知りたい  > ESD世界会議紹介

ESD世界会議紹介

公開開始日:2013年10月09日

「ESDに関するユネスコ世界会議」って?

ESDマン

2014年10月と11月に岡山市と愛知県名古屋市で「ESDに関するユネスコ世界会議」が開催されるんだ!
どんな会議が開かれるか紹介していくよ!

『ESDに関するユネスコ世界会議』ってどんな会議?

2002年(平成14年)に南アフリカ共和国で、ヨハネスブルグサミットが開催されました。このサミットではESD活動を重点的に推進していくため、日本政府やNGOにより「国連ESDの10年」プロジェクトが提唱されました。2005年(平成17年)から「国連ESDの10年」が始まり、ユネスコを中心に世界中でESD活動が推進されています。
この「国連ESDの10年」しめくくりの年となる2014年(平成26年)に、「ESDに関するユネスコ世界会議」が開催されます。岡山市では、世界各地のESD活動に取り組む人々が話し合うステークホルダー会議※が開かれ、愛知県名古屋市では閣僚級会合が開催されます。会議では、10年間世界各地でおこなわれてきたESD活動の成果を共有・確認し、2015年(平成27年)以降のESD活動について話し合います。

※ステークホルダー:国連機関、研究者、学校、NPO、企業など

2012年7月インドネシアで開催された第5回アジア太平洋地域RCE会議の様子 2012年7月インドネシアで開催された第5回アジア太平洋地域RCE会議の様子

ユネスコって何?

ユネスコ(UNESCO)※とは、国際連合の専門機関でESDを推進しています。
「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」というユネスコ憲章を基に、二度と戦争の悲劇を繰り返さないよう、世界各地で文化や教育の振興をおこなっています。ユネスコの活動は世界遺産の保存活動や、発展途上国での識字教育など、未来をつくるための「学び」であるESDも、ユネスコを中心に世界各国で活動を広げています。

※ユネスコ(UNESCO=United Nations Educational Scientific and Cultural Organization):1946年11月に国際連合の専門機関として設立。正式名称は国際連合教育科学文化機関。
ユネスコDESD:(http://www.unesco.org/new/en/unesco-world-conference-on-esd-2014/

岡山で開催するのはなぜ?

2014年(平成26年)の「ESDに関するユネスコ世界会議」は岡山市と愛知県名古屋市で開催されます。なぜ開催地の1つとして岡山市が選ばれたのでしょうか。
岡山市は2005年(平成17年)に、国連大学(国際連合大学)※よりESD活動の推進拠点であるRCE※に認定されました。岡山市はESDを推進していくために、行政、教育機関、NPO、企業などいろいろな立場の人々が連携し、積極的に活動をおこなう地域として世界から注目を集めています。このことから岡山市で「ESDに関するユネスコ世界会議」の各種ステークホルダー会議が開催されることとなりました。

※国際連合大学:調査研究や能力育成事業を通じて、世界全体での問題解決に取り組む国際連合の研究機関
国連大学RCEに関するウェブサイト:(http://www.ias.unu.edu/sub_page.aspx?catID=1849&ddlID=183
※RCE:Regional Centres of Expertise on ESD
ESD活動を推進していくための拠点。RCEは世界で117地域、日本国内では6地域認定(2013年5月現在)

2014年度に岡山で開催される『ESDに関するユネスコ世界会議』ってどんなもの?

岡山市での「ESDに関するユネスコ世界会議」では、4つのステークホルダー会議が開催されます。会議には教育機関、NPO、企業、行政など、ESD活動に取り組むいろいろな立場の方々が参加します。

ESD推進のための公民館-CLC国際会議
日本やアジアの国々から、公民館やCLCでESD活動に関わる社会教育関係者が集まり、取り組みの成果やこれからの活動について話し合います。
ユネスコスクール世界大会
世界中のユネスコスクールでESD活動に取り組む高校生や教員が、お互いのESD活動について学びあい、豊かな未来の実現に向けて話し合います。
ユース・コンファレンス
世界各国の18歳から35歳までのESD活動に取り組む人々が、それぞれの取り組みについて学びあい、2014年(平成26年)以降のESD活動を推進するために話し合います。
グローバルRCE会議
世界で117地域が認定されているESD活動推進拠点(RCE)※で、ESD活動に取り組む人々が、取り組みの成果やこれからの活動について話し合います。
教師教育に関する国際会議
教育機関におけるESD実践について話し合います。

※CLC:Community Learning Center
アジアを中心に設置されているコミュニティ学習センター
※ユネスコスクール:ユネスコ憲章の理念を実践することを目的に設立された機関で幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学が認定対象となる。日本では、ESD活動を推進する学校として中心的な役割を担う。
http://www.unesco-school.jp/
※2013年5月現在、RCEは世界で117地域が認定されている。

2014年度に岡山市で開催される「ESDに関するユネスコ世界会議」日程

ESD推進のための公民館-CLC国際会議10月9日から11日

ESD世界会議スケジュール

プレ会議が開催されました。

2014年(平成26年)秋に開催される「ESDに関するユネスコ世界会議」に先立ち、2014年1月11日(土曜)に岡山市でプレ会議として、ユネスコスクール世界大会高校生フォーラム「岡山プレフォーラム」が開催されました。
岡山県在住の留学生を招いて高校生がESDについて学び、2014年秋におこなわれる「ESDに関するユネスコ世界会議」を盛り上げるきっかけとなりました。

ユネスコスクール世界大会高校生フォーラム「岡山プレフォーラム」
日程:2014年1月11日(土曜)
 2014年1月に岡山市で開催されたユネスコスクール世界大会高校生フォーラムの様子 2014年1月に岡山市で開催されたユネスコスクール世界大会高校生フォーラムの様子

みんなで盛り上げる世界会議へ

「ESDに関するユネスコ世界会議」では、日本各地はもとより、世界各国から多くの人々が岡山市を訪れます。参加者の方々に岡山を楽しんで頂けるよう、一緒に「ESDに関するユネスコ世界会議」を盛り上げていきましょう。

文部科学省でもいろんなイベントが計画されているのよ!詳しくは文部科学省のウェブサイトを見てみてね!

サステナちゃん