ホーム  > 学校のESD  > 岡山市立学校のESD

岡山市立学校のESD

公開開始日:2018年07月02日

未来へつながる教育としてすべての市立学校でESDの考えを学校教育基本計画に位置付け、取組を進めています。
ユネスコスクールをESDの推進拠点とし、他地域とのネットワークを広げるとともに、地域社会と協働して取り組むESD活動を進めています。

岡山市立学校のESD

 

ユネスコスクールってどんな学校?

ユネスコスクールは、世界180か国以上の国・地域で、10,000校以上が加盟している世界的な学校のネットワークです。日本からは1,034校※が参加しています。ユネスコスクールでは、「暮らす」「食べる」「生きる」といった身近なテーマを通して、交流や体験から学びあいを進めています。自分たちが住むまちの歴史や文化を学んだり、身近な自然や生きもののつながりを考えたり、食べ物の生産・流通・消費について学ぶこともユネスコスクールのESD活動のひとつです。岡山市内からは51校※の岡山市立小中学校が、また、岡山県内からは14校※の小中高校がユネスコスクールに加盟し、ESDの活動や学習を進めています。

※2017年10月現在

平成27年度から平成29年度まで文部科学省の「グローバル人材の育成に向けたESDの推進事業」を受け、ESDの推進拠点であるユネスコスクールと教育委員会、大学などが一体となって、コンソーシアムを形成し様々な取組を行いました。

コンソーシアムについて詳しくはこちら!