ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【次世代】  > 芳田公民館の子育て支援・青少年健全育成事業【芳田公民館】

芳田公民館の子育て支援・青少年健全育成事業【芳田公民館】

公開開始日:2019年01月24日

sdgs_icon_11

sdgs_icon_17

大人と子どもが地域でつながり合い、育ち合う関係づくりを!

芳田公民館の子育て支援・青少年健全育成事業

活動内容

芳田中学校区は江戸時代の干拓による新田開発でできた地域です。田園地帯が多く残るものの、近年は交通網の発達とともに都市化が進み、岡山市街地へ勤める人々のベットタウンとして住宅地域への変容が著しく進んでいます。岡山市の中では比較的若年層や働き盛りの世代が多く、幼い子どもがいる若い世帯が多い地域です。芳田公民館では次世代育成のための子育て支援・青少年健全育成事業を地域の人々とつながって協力しながら行っています。

「よしだ子育て広場」(芳田子育て広場運営委員会、岡山っ子育成局地域子育て支援課との共催で年間50回以上開催)、「読み聞かせの会 ほっぺちゃん」、「親子であそぼう」、「絵本の世界」は乳幼児と親を対象とし、子育ての先輩や地域内外のボランティアスタッフとともに企画・運営を行なったり、親同士・子ども同士・住民同士の交流を進めたりしています。

「夏休みチャレンジGO!(様々な体験講座)」、「子ども夏まつりin芳田公民館」、「よしよしサマースペース(夏休み中の学習スペース)」「よしだキッズチャレンジ(伝統行事)」「めざせ!わたしのぼくのうちごはん」「絵本探検講座」は小学生を対象とし、地域住民や地域団体の協力を得ながら、子どもの居場所づくり、地域住民の力量発揮、地域住民と子どもとの交流を進めています。夏休み中の事業は、地域在住・在勤の人や学区の小中学校の学校司書たちと「よしよし応援団」というゆるやかな組織をつくり、企画運営しています。また、小学校の学童保育児童による影絵劇の上演、中学校の美術部、放送部、50人近い学生ボランティアなど、小中高生が地域で活躍する機会ともなっています。参加していた小学生の中には、長じて中学生ボランティアとして小学生を支援する側となる人もいます。

芳田小学校、芳明小学校の各校の3年生とクラブ講座との交流会は、クラブ講座生が講師となって3年生の体験活動を支援しています。子どもたちと地域住民とが顔見知りになるだけでなく、クラブ講座生にとっては日頃の学習の成果を地域に還元する機会ともなっています。

いずれの事業も、参加する子どもや親と地域の人たちとがつながり合い、育ち合える関係となっていくことを目指しています。

活動日

芳田公民館にお問い合わせください。

関連リンク