ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【次世代】  > 夏休みフリー塾【旭東公民館】

夏休みフリー塾【旭東公民館】

公開開始日:2019年01月23日

sdgs_icon_4

sdgs_icon_17

初めてのことに挑戦しよう!新しい自分を発見しよう!

夏休みフリー塾

ねらい

夏休みフリー塾は、「NPO法人岡山市子どもセンター」または、「NPO法人みんなの劇場・おかやま」が、公民館などと共催で実施している夏休み中の小学生対象事業で、公民館などを会場に市内各地で開催しています。

実施回数や内容は、それぞれの地域で異なっています。旭東中学校区では、「みんなの劇場・おかやま」と旭東公民館が17年前から協働で取り組んでおり、公民館とコミュニティハウス2館を会場に、ものづくりや料理、実験、伝統文化体験など、今年度は21講座を実施しました。

近年、技術の進歩によって生活が変化し、少子高齢化によって家庭や地域社会が変化したことで、一昔前とは子どもを取り巻く環境が大きく変わり、地域の大人と関わったり、様々なことを体験したりする機会が減っています。一方で、地域づくりの重要性や地域での助け合いの必要性が、福祉や防災などあらゆる分野で叫ばれるようになり、子どもたちは地域の将来を担う存在として、また、地域を活性化するきっかけとして期待されています。

夏休みフリー塾では、子どもたちが身近な場所で地域の人たちと関わりながら、挑戦や発見、達成を通して成長できる機会を作っています。社会性やコミュニケーション能力をはじめ、五感を使っての体験や、知識を経験で裏付けることなどを通して豊かな感性を身につけて欲しいと思っています。また、長期休暇中に子どもたちが安心して過ごせる居場所づくりも必要です。

対象

講師やスタッフを担っているのは、公民館クラブ講座生や、栄養改善協議会や交通安全母の会などの地域団体、中学・高校の先生や生徒達です。事前・事後にスタッフ全体で打ち合わせ会や反省会を実施して、目的や内容、成果や課題などを共有しています。

思い

・子どもたちのやる気、笑顔に触れ、私自身元気になれた。(大人)
・以前、小学生として参加していた子どもが、中学生ボランティアとして参加する姿を見るとうれしい。(大人)
・いつもは言葉に出さずに考えることも、きちんと小学生に伝えなければならなかったので、抽象的な考えを言語化するのに苦労した。でも、苦労した分、相手に伝わったときの喜びもひとしおだった。(高校生)
・いろんな人と触れ合えてよかった。説明が難しかった。(中学生)
・みんなに楽しんでほしいけど騒がしくしているときに、どう対応すればいいかわからず困った。(中学生)
・子どもたちに教えたり、準備したりするのが初めてで緊張したけど楽しかった。花の名前が全然分からなかったので、少し覚えてみたいと思った。(中学生)

成果

参加した小学生の感想は「難しかったけど、できて楽しかった。」「わかってうれしかった。」といった内容が多く、体験を通して成長していると感じました。
中学生は毎年たくさんボランティアに応募してくれます。毎年参加してくれている生徒や、小学生の時にフリー塾に参加していたという生徒もいて、今後もこのようなつながりが続くような活動にしたいです。
地域の大人にとっても、講座を実施することで、子ども達や保護者、他団体に活動を周知したり、交流したりする機会となり、自らの学びや体験を活かす機会にもなっています。日常でも地域の子どもに目をむけるきっかけになってほしいです。

これからの展望

いろいろな団体や地域の方が関われるように、年ごとに参加する団体を入れ替えたり、なるべく多くの子どもたちが参加できるような工夫をしたりしていきたいと思います。

メッセージ

子どもの体験活動や居場所づくりに興味のある方で、ボランティアとして一緒に関わっていただける方、大歓迎です。旭東公民館へご連絡ください。

関連リンク