ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【次世代】  > 桑田もっともっと会【大元公民館】

桑田もっともっと会【大元公民館】

公開開始日:2019年01月23日

sdgs_icon_11

sdgs_icon_17

子どもも大人もやりたいことを一緒にやってみる!そんな自由な会です

桑田もっともっと会

活動内容

「桑田学区をもっと知ってもっとよくしていくためのワークショップを企画する会」(通称:「桑田もっともっと会」)を結成しはや2年。

桑田3地区(出石地区・鹿田学区・大元学区)の世代を超えたつながりをもっと深めてこの学区をもっと盛り上げていきたい!そのために老いも若きも皆が楽しんでできることを考えてやってみよう!と企画運営をする会です。桑田学区に在住・在勤・通学している人がメンバーになって活躍しています。

今までに開催した事業&参加者の感想
■中学生と一緒にまちの良いところ発見ウォーク
・あらためて見て歩くと自分の町が好きだなと思う。など
■「大自己紹介大会」
・様々な年代の人と話せて楽しかった。昔の桑田学区の様子もわかった。
・今の中学生が考えていることや状況が分かってよかった。など
■自分の特技をいかして「たのしいお店やさん」(出店者も募集)
・中学生のお店がよかった、小学生のあこがれになっている。
・手づくりの雰囲気が良かった、楽しかった。など
■とことん遊んで新たな発見「ノープラン!?お泊り大会」
・電子機器が無いので子どもとゆっくり遊ぶ時間を持ててよかった。など

どの企画もまずメンバーが楽しんでできること、そして参加する人も一緒に楽しむことを目標としています。準備が大変だったりもするけれど、当日みんなが笑顔になって帰っていくと嬉しくなって次回は何しよう?と次につながります。地域の大人たちが楽しんで活動をしているところを見せることで、将来子どもたちが自分たちもリーダーになってやってみたいと思ってくれたらいいなと思います。

活動日

月1回の会議と年数回の事業(不定期・メンバーと調整して決定)

関連リンク