ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【次世代】  > みんなあつまれ!【上南公民館】

みんなあつまれ!【上南公民館】

公開開始日:2019年01月23日

sdgs_icon_4

sdgs_icon_17

ボランティアのモットーは Enjoy&Joyful!

みんなあつまれ!

活動内容

小学生対象の体験講座「みんなあつまれ!」では、中学生ボランティアのグループが活動しています。名前は「E-joy(イージョイ)」。「enjoy(楽しむ)」と「joyful(うれしい)」という意味がこめられています。講座は、夏休みから2月まで毎月行っており、ボランティアは企画から当日の運営もしています。

内容は毎回企画会で決めていますが、きもだめし、お菓子づくり、工作など多岐に渡っています。

上南地域は人口が少ないうえ、少子高齢化が進んでいます。小学校・中学校ともに学年1から2クラスと、限られた人間関係のなかで生活をしています。

「みんなあつまれ!」では、学校が違う子、異年齢の子、ときには地域の人と交流を持てる機会があります。普段関わりが少ない人たちとの対話でコミュニケーション能力を育んでいます。さらに、様々な体験から興味関心を広げること、成功体験や失敗を乗り越え達成感を得ることで、自分に自信を持てるようになることがこの講座の目的です。

中学生ボランティアは、毎回講座終了後に振り返りシートに記入をしています。「今日できたことは?」、「心がけたことは?」、「できなかったことは?」など、きちんと振り返りの時間を持つことで、できたことへの自信をつけたり、できなかったことに対しては次回心がけようと目標を立てたりすることができます。

小学生にも毎回感想を書いてもらい、振り返りをしています。小学生の感想は中学生ボランティアにも読んでもらっています。感想のなかに「中学生の人が優しく教えてくれたよ」など、次のやる気につながることも書いてあります。

また、講座に参加していた小学生が中学生になり、今度はボランティアとして関わることがあります。ボランティアを始める理由は「小学生のときに参加して楽しかったから!」という声が多く、小学生のときの楽しかった体験やそのときに見た中学生の姿が、次の活動につながっています。

「みんなあつまれ!」の講座は、公民館だよりや地域の小学生のみなさんには小学校を通してチラシを配布していますので、そちらをご覧ください。

ボランティア「E-joy」に参加してみたい人は、4~5月頃に配布するチラシについている申込み用紙に記入するか、公民館まで直接お知らせください。

写真は、毎年4月に中学校で行われる新入生に向けた部活動紹介のオリエンテーションで、E-joyの活動紹介をするためにボランティアメンバーで作成したものです。

活動日

原則第4土曜日午前(ボランティア打合せ:第2土曜日午後)

関連リンク