ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【次世代】  > 高校生プロジェクト~五福通りのXmas【西大寺公民館】

高校生プロジェクト~五福通りのXmas【西大寺公民館】

公開開始日:2019年01月23日

sdgs_icon_11

sdgs_icon_17

高校生の高校生による住民交流イベント

高校生プロジェクト~五福通りのXmas

ねらい

この事業を実施するに至った背景
・地域行事に高校生がボランティアなどで参加している機会が多いが、「お手伝い」で終わっているのがもったいない。
・西大寺には年間にいろんな行事があるが、中心で動いているのは高齢者の男性。子ども達が中心になって企画した行事があっても良いのでは?活動をきっかけに、西大寺をもっと好きになるかも。

この事業の目的、目標
・高校生を次世代の担い手として、彼らの自由な発想に地域の大人が耳を傾けるようになってほしい。
・自分たちのやりたいことが、地域の活性化につながるという体験を大切にしたい。

対象

・高校生(西大寺・岡山学芸館・邑久)
・高校生の活動をサポートしたいと思っている地域の大人(西大寺井戸端会議、模型店、みんなの劇場など)

思い

「変化」と「覚醒」
一年目は、まさしくガンダム(アムロ)のような高校生が誕生しました。最初は地域貢献事業のポイントのために参加をしたが、自分が好きなこと(ガンプラ)ができるとわかってからは、生活の中で断然高校生プロジェクトの優先順位が上がり、この活動をきっかけに地域の大人ともつながっていきました。彼のような子が、一人でも多く誕生してほしいと思っています。
二年目となった今年は、お菓子作りが趣味の男子高校生がスイーツでカフェを盛り上げてくれました。自分が作ったものを商品として提供する初めてだったため、材料の準備や段取りが遅く「本番は大丈夫か」の状況でした。が、彼の気持ちが萎えてしまわないよう、経験値を持つ大人がサポートにまわり無事に商品は完売。「最初は大きなことを言っていたが、皆さんのおかげで夢を実現できました」と感謝の言葉に、大人たちは笑顔で彼に拍手を送りました。

成果

・自分たちの活動を説明して、仲間を増やしている
・高校生の活動をサポートする大人が現れ、日常的なつながりに広がった
・自分に自信が持てるようになったのを言動や態度からわかる

これからの展望

参加した高校生は「またやりたい」と集まってきます。今は地域住民の参加が主ですが、中高生が中心の交流イベントをめざしています(高校生たちは)。公民館としては、現在参加している高校生が、活動のアドバイザーになってくれるのを期待しています。

メッセージ

自分がやりたい!と思っていることが実現できる場です。あなたの行動が、大人を本気にさせます。

活動日

2018年7月24日(火曜)、7月30日(月曜)、8月27日(月曜)、9月24日(月曜・祝日)、10月26日(金曜)、11月16日(金曜)、12月22日(土曜)

関連リンク