ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【共生】  > ちょっとだけ手伝い隊!!津高【津高公民館】

ちょっとだけ手伝い隊!!津高【津高公民館】

公開開始日:2019年01月21日

sdgs_icon_3

sdgs_icon_11

あなたの「生きがいづくり」はじめませんか?

ちょっとだけ手伝い隊!!津高

活動内容

近年、津高地区でも高齢化・過疎化が進む一方、近隣交流の減少等の課題も見られます。そうした現状のもと、「こんなことができたらもっと素敵なまちになる」をテーマに地域ワークショップで話し合いました。その中で、参加者から出された「地域の役に立ちたいと考えている人たちの活躍の場を増やそう」という意見をもとにこの取り組みが生まれました。津高地区に在住の「支えられるよりも誰かを支える人になりたい」とか「自分のこれまでの経験や知識を生かして社会に貢献できる場がほしい」と考えている方々の想いと、「気軽に習い事をしたり、友人をつくったり、生活上の色々な場面で相談をすることができる場・集まりなどが身近な地域内にあればいいのに」と考えている方々の想いのマッチングを図ることで、津高地区における世代間の交流と地域の活性化につなげていけたらと思っています。

この活動の企画にあたっては、進んで参加してくださった地域の方々と一緒に企画会を開き、活動の名称や活動方法、メンバーの募集方法等について話し合いを重ねました。その中で、「技術や知識があっても『自分なんて』と謙遜してしまい、一歩を踏み出せない方も多いのでは」という意見から「そのような人たちにも気軽に参加してほしい」という想いを込めて、「ちょっとだけ手伝い隊!!津高」という活動名になりました。

地域の学校やサロン、高齢者施設などから公民館に寄せられた「困りごと」や「こんなことをしてほしい」という要望に対して、公民館が登録していただいているボランティアの方々とのマッチングを図っています。現在既に11人の登録があり、3件のマッチングが成立しています。具体的には、サロンでのグラウンドゴルフ指導、保育園での野菜の苗の植え替えの指導、足ふきマットづくりです。活動後、依頼者からは感謝の言葉とともに「またお願いしたい」という声が聞かれる一方、ボランティアの方からも「依頼があれば、ぜひまた協力したい」という感想をいただいています。既に依頼者とボランティアで連絡先を交換するなど、直接、交流に向けて流れも整いつつあります。

今後は、広報活動を進め、地域の眠っている人材を掘り起こし、活躍していただける場を提供していくと共に、地域・世代間の交流へ繋げていきたいと考えています。私達はいつも気軽に相談できる公民館でありたいと願っています。「自分なんて」と悩んでいる方も、ぜひ自分のできることから一歩踏み出してみませんか?

活動日

随時活動

関連リンク