ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【まちづくり】  > 御津の山城【御津公民館】

御津の山城【御津公民館】

公開開始日:2019年01月21日

sdgs_icon_11

sdgs_icon_17

兵どもが夢のあと…山城から地域の夢を広げる!

御津の山城

活動内容

地域住民による「御津地域のいいところを発見しよう!」というワークショップから講座が始まりました。そしてその魅力を地域内外にもっと御津の魅力を広げるために、パンフレットやキャラクターシールができ、講演会や現地を見て歩くスタンプラリーも企画しました。

御津地域には約30もの中世の山城があります。岡山城のように天守閣のようなお城ではなく、何も知らないとただ「草や木が生えている山」でしかないかもしません。しかし少しの知識が入ることで、「ただの山」が御津地域の「自慢」に変わっていきます。

山城のある地元では公民館講座で取り上げられたことがきっかけになり、案内看板を新設したり、倒木を撤去して協力してくださいました。地元でも山城のことを知らなかった人が多く、この活動を通して、御津の自慢を共有することができました。

山城は今は「何もない山」だからこそ、少しの手がかりから想像する喜びがあります。そしてその「想像」が「創造」へと広がり、「御津の山城講座」を通して、御津地域を元気にする活動へとつなげていきたいと思っています。

活動日

平成29年度から実施、平成30年度は12月から2月に実施

関連リンク