ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【まちづくり】  > 井戸マッププロジェクト【妹尾公民館】

井戸マッププロジェクト【妹尾公民館】

公開開始日:2019年01月04日

sdgs_icon_4

sdgs_icon_11

伝えよう!妹尾・箕島の歴史と文化

井戸マッププロジェクト

活動内容

妹尾・箕島地区には現存する公共井戸・個人井戸や、寺社や石碑といった文化財も多く残されています。

公民館だよりでの呼びかけで集まった受講生が中心となって「井戸マップ」を作りました。「井戸マップ」完成後、井戸だけでなく地域の歴史や文化を伝える「妹尾・箕島周辺見所絵図」を作りました。これら2つのマップを持って、妹尾・箕島のまち歩きをしています。岡山市内だけでなく市外からも案内の依頼を受けるようになっています。現在は、メンバーだれもがまち歩きの案内ができるように解説ガイド本を作成中です。

マップを作成したことで地域の魅力や歴史文化を伝える手段とすることができますが、それだけではなく、これらを活用することによって妹尾・箕島の歴史や文化を次世代へつなげていきたいと思っています。

歴史や文化、まち歩きの好きな方など、興味をお持ちの方はお気軽に妹尾公民館へお尋ねください。

活動日

定例会:毎月第1金曜日13時30分から15時
まち歩き案内:随時

関連リンク