ホーム  > 知りたい  > 岡山市のESD  > ESDフォーラム/ESD岡山アワード2016

ESDフォーラム/ESD岡山アワード2016

公開開始日:2017年01月24日

ESDフォーラム/ESD岡山アワード2016とは?

1
ESD岡山アワードとは、国内外で取り組まれているESD活動の中から優れた取り組みを表彰し、多くの人々に知っていただくことで、ESDを普及することを目的として2015年度から実施しているものです。
今年度は、10月29日(土曜日)に、岡山地域賞受賞候補事業の公開プレゼンテーション、同賞およびグローバル賞の授賞式や交流会などを含む「ESDフォーラム/ESD岡山アワード2016」が開催されました。

スライダーアイコンnext 昨年度のESD岡山アワード

岡山地域賞受賞候補事業の公開プレゼンテーション

「岡山地域賞」とは、岡山県内のESD事業を対象とする賞で、10件の応募がありました。
Web投票の結果を踏まえ、予備選考を通過した受賞候補事業6件がプレゼンテーションを行いました。

  

事業名
備中川のホタル保護と地域魅力発信事業

  

団体名
北房ホタルの文化推進継承の会

ホタル北房ホタル
ホタルマップホタルマップを作成

 
先人のホタル保護活動や地域に学び、保護活動に参加するとともに、ホタルっ子ミュージカルの制作、発表を通じ、ホタル保護と地域の魅力を発信する取り組みです。

スライダーアイコンnext PDF発表資料 北房ホタルの文化推進継承の会より(PDF:1.59MB)
スライダーアイコンnext 北房ホタルの文化推進継承の会 別サイト

 

 

  

事業名
グローバル人材の育成

  

団体名
特定非営利活動法人こくさいこどもフォーラム岡山

ロゴこくさいこどもフォーラムのロゴマーク
講座アクティブ・ラーニングによる講座

 
主に高校生を対象に、国際塾、懸賞論文、シンポジウムなどを通じて、グローバル人材の育成を目指す取り組みです。

スライダーアイコンnext PDF発表資料 こくさいこどもフォーラムより(PDF:3.04MB)
スライダーアイコンnext 特定非営利活動法人こくさいこどもフォーラム岡山 別サイト
スライダーアイコンnext ESDリレーコラム#51「国際塾~国際理解およびグローバル人材育成の支援~」

 

  

事業名
真庭トンボの里プロジェクト

  

団体名
真庭・トンボの森推進協議会

トンボトンボの森づくりのメンバー
間伐笹刈りや間伐を行います

 
企業、市役所、地元住民など多様な主体が参加し、「里山との暮らしふたたび」をテーマに森と共に生きる新しいライフスタイルを目指した取り組みです。

スライダーアイコンnext PDF発表資料 真庭・トンボの森推進協議会より(PDF:3.95MB)
スライダーアイコンnext 真庭・トンボの森推進協議会 別サイト
スライダーアイコンnext ESDリレーコラム#54「真庭・トンボの森づくり推進協議会について」

 

  

事業名
地域に学び、未来を切り拓く藤田の子

  

団体名
藤田地区ESD地域連絡会

花花いっぱい運動
地域農家の方に話を聞き、地域のことを学びます

 
藤田中学校区の小学校3校で地域の特色を生かした共通テーマの学習を行うことで横のつながりを強化し、その学びを中学校で発展させることで縦のつながりも強化し、持続可能な社会づくりの担い手を育む取り組みです。

スライダーアイコンnext PDF発表資料 藤田地区ESD地域連絡会より(PDF:1.46MB)
スライダーアイコンnext 岡山市立第一藤田小学校 別サイト
スライダーアイコンnext 岡山市立第二藤田小学校 別サイト
スライダーアイコンnext 岡山市立第三藤田小学校 別サイト
スライダーアイコンnext 岡山市立藤田中学校 別サイト

 

  

事業名
地域で魅力的に生きる大人と将来を模索する若者の交流事業 だっぴ

  

団体名
特定非営利活動法人だっぴ

2大人と若者が交流する場
だっぴ人と人のつながりを強くします


「いい出会いは、いい人生をつくる」をモットーに、若者と大人がつながり、地域の未来をつくろうとする取り組みです。

スライダーアイコンnext PDF発表資料 だっぴより(PDF:897KB)
スライダーアイコンnext 特定非営利活動法人だっぴ 別サイト
スライダーアイコンnext ESDリレーコラム#52「若者と大人がつながることが、地域の未来をひらく~だっぴ~」

 

  

事業名
子どもたちがつなぐ矢掛の未来のまちづくり

  

団体名
やかげ小中高子ども連合(YKG60)

3子どもたちが主体となって活動をします
YKG大人は後ろから支えます

 
矢掛町内の子どもたちが中心となって、自分たちのやりたいことを軸に町の課題を解決し、魅力を引き出し、子どもの成長と郷土愛を育む取り組みです。

スライダーアイコンnext PDF発表資料 YKG60より(PDF:1.78MB)
スライダーアイコンnext やかげ小中高子ども連合(YKG60) 別サイト

 

ESD岡山アワード2016授賞式

 プレゼンテーションの後は、授賞式が行われました。
岡山市の大森雅夫市長からグローバル賞と岡山地域賞を受賞した団体に表彰状が手渡され、お祝いの言葉として、「ESDの中身を知り、質的な面を上げることでESD活動が多くの人に伝わり行動として現れるので、これからも質と量をともに高めていただきたい」と述べられました。

7大森市長から表彰状を受け取るITFのVenuste Kubwimanaさん
10だっぴの柏原拓史さん


国内外のESD事業を対象としたグローバル賞は、2016年度は39か国から95件の応募があり、予備選考、Web投票を経て、事前の審査会で授賞事業が決定され、国際トランスフォーメーション財団(ITF)の「学校における水の学校」とガジャマダ大学の「インドネシア河川再生運動」の2事業が受賞しました。
そして岡山地域賞は、プレゼンテーション後の審査で、特定非営利活動法人だっぴの「地域で魅力的に生きる大人と将来を模索する若者の交流事業 だっぴ」と、やかげ小中高子ども連合の「子どもたちがつなぐ矢掛の未来のまちづくり」に決定しました。

グローバル賞受賞団体活動発表

 次に、グローバル賞を受賞した2事業の活動について発表が行われました。

 

  

事業名
学校における水の売店

  

団体名
国際トランスフォーメーション財団(ITF)【ケニア】

4学校で水の販売をします
水の学校ビジネススキルも身に付きます


学校に水の売店を設置することで、生徒たちがビジネスのスキルを学べ、学校にも収益があるという、教育的で利益性の高い取り組みです。

スライダーアイコンnext PDF発表資料 ITFより(PDF:1.45MB) 

 

  

事業名
インドネシア河川再生活動

  

団体名
ガジャマダ大学(インドネシア河川再生運動第一事務局)【インドネシア】

5河川再生運動のコミュニティを形成
川川をきれいにする運動が広まっています


©IRRM=Indonesia River Restoration Movement/ GRSI=Gerakan Restorasi Sungai Indonesia

ゴミなどによって汚れた河川を再生し、保全された状態に保つために地域住民や団体に働きかけ、河川コミュニティをつくりあげるまで継続的に実施されている取り組みです。

スライダーアイコンnext PDF発表資料 ガジャマダ大学より(PDF:11.3MB)

 

交流会

10

最後は、授賞団体の方たちと参加者の方たちを交えて、それぞれのESDの取り組みを語り合う、交流会が行われました。
また、「持続可能なものにするには、誰に、何を問いかけ、行動してもらうといいか?」というテーマに沿って話し合い、お互いの意見を発表し合いました。 

8だっぴの柏原さんによる講演
9自分の意見を丸い段ボールに書きます

 

スライダーアイコンnext受賞団体のESD活動紹介

facebook 岡山ESD推進協議会