ホーム  > SDGsの達成に向けたわたしたちのアクション  > ESDリレーコラム一覧  > ♯50「グリーンカンパニー活動」

♯50「グリーンカンパニー活動」

公開開始日:2016年08月15日

グリーンカンパニーとは?

地球温暖化やダイオキシン問題をはじめとする現在の様々な環境問題の多くは、私たちの通常の社会・経済活動に起因していることから、その解決のためには、すべての人たちによる真剣な取組みが求められています。
そこで、岡山市では、自らの活動から発生する環境負荷を継続的に低減していこうとする事業所を「グリーンカンパニー」と位置付け、これらの方々とともに市の環境を守り育てています。

1

 

グリーンカンパニーの現状

グリーンカンパニーは「ステップアップ部門」、「環境活動評価プログラム部門」、「エコアクション21部門」、「ISO14001部門」の4部門に分かれており、現在565団体・22,299人の登録があります。(2016年7月15日現在)
比較的規模の小さい事業所で、まずできることから少しずつ取り組む場合は「ステップアップ部門」への登録をお勧めします。

   4  3

   2  5

環境経営セミナー

毎年2月頃にグリーンカンパニー登録事業所を含む市内事業所を対象に環境経営セミナーを開催しています。
講師の方を招いて、省エネ事例や補助制度などを紹介しながら、企業活動の中でできる環境経営についてお話していただきます。
省エネの取組など限られた資源を効率的に運用することは環境対策だけでなく、企業におけるライフサイクルコストの低減に大いに役立ちます。

6

 

環境エコツアー

昨年度から開始し、環境経営セミナーと同様にグリーンカンパニー登録事業所を含む市内事業所を対象に開催しました。
昨年度は岡山市立市民病院の太陽光発電施設及びガスコージェネレーションシステムとヤンマーエネルギーシステム製造株式会社のガスコージェネレーション・ガスヒートポンプが製造されているラインを見学しました。
創エネ・省エネ機器を実際に間近で見ていただき、これらの機器が環境保全に貢献しているのを参加者に実感してもらいました。

7

 

まとめ

グリーンカンパニー登録事業所には上述の環境経営セミナー・環境エコツアーの案内の他、ライトダウンキャンペーン・夏季の節電への協力のお願い等を行っています。
グリーンカンパニー登録をきっかけとして事業所の中での環境配慮行動をより高めていただき、岡山市全体に、自主的な環境づくりの輪が広がっていくことを期待しています。

岡山市環境保全課地球温暖化対策室  影山 大輔さん

鳥取県出身
2014年3月 岡山大学卒業
2014年4月 岡山市役所入庁、 環境保全課地球温暖化対策室配属

8

次の執筆者さんからのメッセージ!

NPO法人こくさいこどもフォーラム岡山会長 浜家弘巳さん

 9

まさに目からうろこの活動が行政を中心にして行われていることを知り、心強く感じました。
よく考えられた活動になっており、企業の規模や活動状況によって段階が分かれているのですね。
この活動をすることは良いことづくめであり、市内のあらゆる企業団体がこの活動に参画することで大きな成果が期待できると感じました。
このような意義ある活動をもっともっと学校を始めとして、多くの団体、ひいては個人にも知らしめ、活動のすそ野を広げてゆくともっともっと大きな成果が期待できるのではないかと感じました。
 

 

前の記事へ 一覧へ 次の記事へ
facebook 岡山ESD推進協議会