ホーム  > ESDカフェ紹介  > 第1回ESDカフェ(2015年度)

第1回ESDカフェ(2015年度)

公開開始日:2015年04月22日

テーマ

新たなステージへ~これからのESDとカフェ~

開催日時

2015年4月16日(木曜)18時30分から20時

開催場所

環境学習センター「アスエコ」(岡山市北区下石井2-2-10)

講師

岡山ESD推進協議会企画委員長、岡山大学理事・副学長
阿部宏史先生

第1回ESDカフェ

2015年4月16日(木曜)にESDカフェ「新たなステージへ~これからのESDとカフェ~」が開催されました!

2015年度第1回目のESDカフェは、企業、学校、行政関係者、大学生、高校生などこれまでで最多の40名を超える方々が参加して開かれました。


2015年以降の世界や日本におけるESDの方向性や枠組み

ESDカフェの様子ESDカフェの様子


まず、岡山ESD推進協議会企画委員長の阿部宏史先生(岡山大学理事・副学長)から、2015年以降の世界や日本におけるESDの方向性や枠組みなどについてのお話をお聴きしました。

阿部宏史先生阿部宏史先生


2005年から「国連ESDの10年」の枠組みで、世界各地で推進されてきたESD。2014年11月には「ESDに関するユネスコ世界会議」が開催され、10年間の優れた取り組みや成果を共有するとともに、2015年からは、新たな枠組みである「ESDに関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)」が始まっています。国連は、ユネスコを主導機関として、引き続き世界のESDの実践を加速していくことを目指し、特に5つの優先行動分野((1)政策的支援[地方や国、国際機関等の政策への反映]、(2)機関包括型アプローチ[機関全体における学習・トレーニング環境の変革]、(3)教育者、(4)ユース(若者)、(5)ローカルコミュニティ)におけるESDを推進しており、また、新たに「ユネスコ/日本ESD賞」が創設されたとのことでした。


「岡山ESDプロジェクト2015-2019基本構想」

続いて、岡山ESD推進協議会事務局の友延さんから、岡山地域の取り組みとして、現在検討中の「岡山ESDプロジェクト2015-2019基本構想」の説明がありました。2015年以降は、特に次の8つの施策((1)持続可能な地域の姿の共有、(2)ユース・人材育成、(3)地域コミュニティ・公民館でのESD推進、(4)学校でのESD推進、(5)優良事例の顕彰、(6)ESD活動の拡大、(7)企業・事業者の取組促進、(8)海外や国内との連携)に重点的に取り組んでいくとのことでした。


ESDカフェのテーマ

カフェの後半は、2015年以降の世界・日本・岡山地域のESD推進の方向性を理解した上で、持続可能な社会づくりに向けて、多様な人が集まり、対話する場であるESDカフェで、今年度はどんなテーマについて話し合いたいかについて、参加者全員で希望やアイデアが出し合われました。

挙がったテーマは、環境、企業、福祉、結婚、ユース、行政・公民館、国際、地域活性化など様々で、以下のようなお話をしたい・聴きたいという意見がありました(一部抜粋)。
・里山を用いたESD活動
・ESDを企業に広めていく方法
・ESDをCoolにするには?
・ESDを実践しているユースの話 
・公民館への経済・企業的視点導入
・国際的な活動をしている人
・フェアトレードタウンを目指す
・難病支援のネットワーク化

ESDカフェはこれからも定期的に開催されるとのこと。主催者側で、今回出されたアイデアをもとに、今年度のカフェのスケジュールを作成するとのことでした。

今後のESDカフェのテーマに関するアイデア
今後のESDカフェのテーマに関するアイデア
ESDカフェマスターの中平さん
ESDカフェマスターの中平さん


最後に、「ESDカフェマスター」である環境学習センター「アスエコ」の中平さんからの「ESDカフェは気軽な場。コーヒーを飲みながらリラックスして対話を楽しんでほしい」というあいさつで平成27年度1回目ESDカフェは終了しました。


次回のESDカフェは、2015年5月21日(木曜)。今後は、これまでより30分繰り下げて、18時から19時30分に開催されるそうです。ゲストは、株式会社和郷の千葉吉史さん。農業経済学の切り口から持続可能な地域づくりについてお話くださるとのこと。楽しみですね!



 

お問い合わせ
岡山市市民協働局ESD推進課 小西・友延
電話:086-803-1354
電子メールアドレス:miki_konishi@city.okayama.lg.jp