ホーム  > SDGsの達成に向けたわたしたちのアクション  > みんなの自由帳一覧  > 蛍明小学校  > 「地域ふれあい活動」【蛍明小学校】

「地域ふれあい活動」【蛍明小学校】

公開開始日:2015年02月25日

【地域ふれあい活動お世話になりました】

「地域のよさを知ること」と「地域の方と触れ合うこと」をめあてに、2014年11月25日(月曜)と11月27日(水曜)に地域ふれあい活動を行いました。

一年生・三年生・五年生が福谷の養東院へ行き、福谷八十八ヶ所巡りをした後、豚汁を振舞っていただく予定でした。あいにくの雨で、実際に歩くことはできませんでしたが、本堂で、番木さんから長く息を吐きながら経を読むことを、田口さんからは、福谷八十八ヶ所を映像で紹介していただきました。
映像の中で幼い六年生を見つけた時、堂内で声があがりました。その後、間倉ゴボウ入りの豚汁をいただきました。寒かったこともあり、体と心にしみました。大変おいしかったです。おかわりする子も続出しました。

二年生・四年生・六年生は、高田の旧蛍明小学校へ行ってグランドゴルフをしました。30名ほどの地域の方にお集まりいただいて、楽しく行いました。3名もホールインワンを出し、大喜びでした。みんなでスポーツもいいですね。
「自分の学区=自分のふるさとを知ること、そして、ふるさとを大切に思う気持ちを育んでいきたい」と思っています。


【本物に出会う
五年生が2015年1月22日(木曜)に、手巻き寿司パーティを行いました。自分たちが一年間かけてボランティア先生に教えていただきながら作った米を使いました。講師は奉還町でお店をされている59年のキャリアをもつ福寿司の窪田清一様です。
まず米の研ぎ方を教えていただきました。「たっぷりの水で糠を洗い落とす→25回程度米をやさしく研ぐ→水で洗い流す→30分程度ザルにあげておく」
これは米に糠のにおいをつけない・乾燥していた米を稲刈りしたときの水分を含んだ状態に戻すための研ぎ方だそうです。ご家庭でもしてみるといいですね。米は、菓子・みそ・糊になることや、糠や藁などがすべて役に立っていることも教えてくださいました。子どもたちは、おうちの方と一緒に手巻き寿司を作り、おいしくいただきました。
米は、日本人にとってなくてはならないものです。大人になっても自分の健康のために米をおいしく食べてほしいという願いが伝わってきました。
当日は、三田さん、本田さん、番木さん、鳥取さんにもお越しいただき、感謝の気持ちを伝えることができました。一年間お世話になりました。来年度もよろしくお願いいたします。


お問い合わせ
蛍明小学校
住所:岡山市北区大井360
TEL:086-295-0142

【ご注意ください】

  • みんなの自由帳は、岡山ESDプロジェクト参加団体の方から寄せられた情報をそのまま掲載しています。
  • 情報の正確性や内容等に関して、岡山市及び本ウェブサイトの管理・運営者は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • イベントなどの参加の前には、掲載内容について主催者に確認されることをおすすめします。
  • 免責事項をご確認のうえ、情報の利用はご自身の判断で行ってください。

        




前の記事へ                 一覧へ                        

facebook 岡山ESD推進協議会